デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦   関西大会

関西エリアトップ5カード

5156d212 e4b1 49cc b31e 5bb3337e4637
全5ブロックと、関東エリアに匹敵する規模で行われた関西エリア。

この大会の翌日には新弾発売で、最後の環境になったが、集大成ともいえる今大会の象徴的な5枚を紹介しよう。


5位: 《勇愛の天秤》
勇愛の天秤
Eブロックを制したMayo選手が使用していた【火ジョーカーズ】に採用されていた便利な呪文。

序盤の各種一番隊を潰したり、ドロー補助とて手札の交換や《パーリィ騎士》のマナブーストの餌にもなる小回りの利く1枚。

しかし、それだけでなく【ビートジョッキー】の多いとされるフィールドではついに同系対策として採用されることとなった。

今大会でフィーチャーされたけみー選手、あばばば選手、ウスラトンカチ選手の3名がシェアしたリストには 《ジャジー・トランパー》 の代わりに、このカードがしっかりと4枚採用されていた。

これにより【ビートジョッキー】特有の3ターン目のビックアクションも実現度も増し、トリガーや素打ちにより展開差を埋めやすくなった。

今後の環境でも【ビートジョッキー】が流行るようなら採用を検討してみては如何だろうか?


4位 《赤攻銀 カ・ダブラ》
赤攻銀 カ・ダブラ
Dブロックを制したフック選手の【メタリカ】には 《赤攻銀 カ・ダブラ》 が採用されていた。

序盤から設置できるパワー7000は《青攻銀 ル・ヴォワ》や 《緑知銀 フェイウォン》 の攻撃を曲げる能力と相性が非常に良い。

それだけでなく 《龍装者 バーナイン》 や《奇石 マクーロ》を使った展開力で横並びに特化している【メタリカ】のデッキでは 《赤攻銀 カ・ダブラ》 のアンタップ状態も容易にクリアできる。

たった1マナながら守りも攻めもこなすので 《赤攻銀 マルハヴァン》 と併せて攻撃的なモードにも転じれるのが、フック選手のリストの強みなのではないだろうか?


3位 《DNA・スパーク》
DNA・スパーク
光文明のカードながら、このトリガー呪文はあらゆるデッキのトリガーから出てくる。

【ビートジョッキー】や【メタリカ】そして光文明を含む多色の 《グレート・グラスパー》 と幅広く採用されている。

《超Z級 ゲキシンオー》 のブレイク能力や【ビートジョッキー】の猛攻に耐え、もう1ターンを稼いでくれる呪文として活躍しフィッシュ選手をAブロック優勝まで押し上げた。


2位 《ドープ "DBL" ボーダー》
ドープ "DBL" ボーダー
そして2位の 《ドープ "DBL" ボーダー》 は先ほど登場した 《DNA・スパーク》 そして 《マスター・スパーク》 をしっかりと採用したCブロック優勝者のピカリのリストで光る1枚だ。

膠着した場面を打開する 《ドープ "DBL" ボーダー》 と2種類のスパーク呪文コンボは、【ビートジョッキー】同型の明確な解答として広く知れ渡っただろう。

《ドープ "DBL" ボーダー》 を立たせて、相手の出方を見て 《DNA・スパーク》 《マスター・スパーク》 を手打ちして、盤面を一層。

そんなシチュエーションも今大会では度々見られていたようだ。


1位 《終末の時計 ザ・クロック》
終末の時計 ザ・クロック
Bブロック優勝を飾ったTakashi選手の 《グレート・グラスパー》 デッキにはあっと驚くコンボが搭載されていた。

それは 《オヴ・シディアDG》 《終末の時計 ザ・クロック》 のコンボ。

相手のターンの始めに 《オヴ・シディアDG》 の効果で手札に加える際、そのカードが 《終末の時計 ザ・クロック》 であった場合、そのまま相手のターンが飛んでしまうのだ。

延命としてだけでなくパワーが3000と地味に殴り返しも強い 《終末の時計 ザ・クロック》

それに加え、相手のターンを飛ばせることができたのなら 《水上第九院 シャコガイル》 での特殊勝利もグッと近くなるだろう。

《オヴ・シディアDG》 との相性の良さに注目したTakashi選手は 《終末の時計 ザ・クロック》 をしっかりと4枚採用し、優勝をもぎ取った。
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top