デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦   関西大会

準々決勝:武田(タケダ) vs.カイザー

Fd8a4dc4 816e 446d afe4 7c0093e6cd68
関西エリアも遂に準々決勝。あと3回の勝利で栄えあるエリア代表が決定する。

この対戦ではデュエル・マスターズ 革命ファイナルカップ全国大会2016の3位、武田(タケダ)の操る【火ジョーカーズ】と、彗星の如く現れたカイザーの操る【ビートジョッキー】の対戦をお届けしよう。

「ジャンケン大事、ジャンケン大事…」武田(タケダ)の祈りが通じ、先攻は武田(タケダ)。

「火ジョーカーズデッキが一番手になじんだ。今日はこのデッキを信じたい。」そう語ってくれた武田(タケダ)の手元には、全国大会出場時にファイナリストのみに配布された特製ラバーマット。

今年もその舞台へ進む意欲は十分のようだ。

1stターンは 《超Z級 ゲキシンオー》 をチャージしてターンエンド。

対するカイザーは 《ドドンガ轟キャノン》 のチャージから 《ホップ・チュリス》 を召喚してターンエンド。

ジョーカーズより動き出しが速いことが強みのビートジョッキーとしては最高の立ち上がりだろう。

カイザーは小学2年生からデュエマを始め、現在中学2年生の若手プレイヤー。

CS出場経験もない彼は今回が競技デュエマの世界へのデビュー戦と言っていいだろう。

椅子に正座で座るスタイルは彼独自のものであり、既にプレイスタイルの完成を匂わせる。

「メタリカで出場したかったけどカードがなくてビートジョッキーで出ました。」と、カイザーは武田(タケダ)と対照的なコメントをくれた。

プレイヤー経験からも対象的と言える二人の対決はここから更に高速展開していく。

それでは勝負に戻ろう。

武田(タケダ)の2ターン目、 《勇愛の天秤》 をプレイし、カイザーの 《ホップ・チュリス》 の除去に成功し、ターンエンド。

返しのターン、カイザーは 《キバセン・チュリス》 を召喚してターン終了。

対する武田(タケダ)は 《フロンティア・チャージャー》 をプレイし、除去はできないもののマナを伸ばす。
次のターンより、カイザーは 《ダチッコ・チュリス》 からの 《“罰怒“ブランド》 を召喚という最高ムーブからブレイクを開始する。

《“罰怒“ブランド》 のWブレイク→武田(タケダ)はトリガーなし

《ダチッコ・チュリス》 のブレイク→武田(タケダ)はトリガーなし

万事休すかと思いきや、 《キバセン・チュリス》 のブレイク時、武田(タケダ)は 《バイナラドア》 をトリガー。

そのまま 《“罰怒“ブランド》 を山札送りにし、手札1枚の確保に成功する。

返しのターン、武田(タケダ)は 《ジョジョジョ・ジョーカーズ》 をプレイし、 《ヤッタレマン》 を手札に入れそのまま召喚。更に 《勇愛の天秤》 により 《キバセン・チュリス》 を破壊。

少し悩んだ後に 《バイナラドア》 でシールドをブレイクし、ターンエンド。

続くカイザーは 《“魔渋”チュリス》 をB・A・Dで召喚し、武田(タケダ)の最後のシールドをブレイク。

《勇愛の天秤》 がトリガーし、武田(タケダ)は1枚捨て2枚ドロー。

そのまま 《“魔渋”チュリス》 はB・A・D効果で破壊されターンエンド。
次のターン、ドロー!「来ない…」武田(タケダ)は思わず呟いた。

数瞬考えた後、場に出した解答は 《ジョリー・ザ・ジョニー 》 。火ジョーカーズの中に1枚だけ隠された初代ジョニーが場を駆け抜けマスター・Wブレイク。

しかしカイザーがトリガーしたのは 《DNA・スパーク》 。武田(タケダ)は苦笑いでターンを返す。

カイザーの手札は1枚。ドローを含めスピードアタッカーが来なければ勝機はある!

カイザーのターン、ドローカードはそのまま場に着地した。デッキの切り札、マスターカード 《“罰怒“ブランド》 がダイレクトアタックを決めるのであった。

WINNER:カイザー

カイザー「最後の手札は 《ステップ・チュリス》 でした。ドローで 《“罰怒“ブランド》 を引き込めた。」

今日のカイザーは確実に勢いがある。

昨年覇者を下した彼の実力はもはや本物と言っていだろう。

強い追い風の中、カイザーは初の競技大会を駆け抜ける。
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top