デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦   関西大会

Round3:ユメネコ vs 武田(タケダ)

6cf9a859 cb1f 4128 a1bf a01105c9faab
前年度、革命ファイナルカップ関西エリアCブロック覇者、そしてそのまま2017年度の全国大会の3位と相成った武田。

昨年度全国大会出場者のみに与えられた特製の黒塗りのプレイマットが、彼の実力を暗に示している。

彼の持つデッキは 《メラビート・ザ・ジョニー》 を主軸にした「火ジョーカーズ」

プレミアム7デッキで新たに手に入れた 《超Z級 ゲキシンオー》 により、そのワンショット性能は環境でも随一のものとなっている。

連日のエリア予選の結果からも火文明が来てる、その期待を胸に今回の使用デッキを決めたと語る武田。

対するユメネコ、武田同様ここまで2連勝と小気味の良いスタートを切れている。

彼の使用するデッキは「水闇グスタフシャコガイル」。

《魔薬医 ヘモグロ》 《爆撃男》 で相手の動きを妨害しつつ、 《ルドルフ・カルナック》 《エマージェンシー・タイフーン》 《サイバー・チューン》 などで手札と墓地を潤沢にする。

山札が切れかけようものなら真打 《グスタフ・アルブサール》 の攻撃時の能力により墓地から 《水上第九院 シャコガイル》 を蘇生することでエクストラウィンを狙う凶悪なコントロールデッキだ。

こちらもエリア予選ではよく見かけるマフィ・ギャングメインのアーキタイプの1つ。

ユメネコももちろん、「火ジョーカーズ」や「ビートジョッキー」が多くなることは予想していた。

しかし、それに対するユメネコのアプローチは「受け」を強くすることだった。

シールドトリガー24枚。それがこの環境に対する彼の回答だ。

お互いが席に着く。

雑談もそこそこに「フィーチャー卓はやっぱり緊張しますね」とユメネコ、武田が両者つぶやく。

しかし、どちらの瞳も全く対戦相手に臆していない。

「デュエマ、スタート!!」

ゲーム開始の合図。

「「よろしくお願いします!!」」

勝負はここから始まる。

最初に動いたのは先手ユメネコ、 《エマージェンシー・タイフーン》 《グスタフ・アルブサール》 を墓地に捨てる。

「グスタフか…」

デッキタイプを察する武田。

驚くのもそのはず、後述する必殺パターンに入るために 《グスタフ・アルブサール》 が墓地にあることはそれだけで負け筋の1つとなってしまう。

ここで後手武田、1ターン目に 《ジョジョジョ・ジョーカーズ》 で手札に加えた 《ヤッタレマン》 をそのままプレイ。

ここからの両者の攻防は実に肉薄する。

ユメネコの 《魔薬医 ヘモグロ》 の手札破壊を、武田は 《パーリ騎士》 でマナに変換。

次ターン 《ルドルフ・カルナック》 《魔薬医 ヘモグロ》 を破壊し2ドロー。終了時に 《魔薬医 ヘモグロ》 が蘇生され、さらに手札破壊を刻んでいくが…

その返しに武田、 《ヘルコプ太》 で失われたリソースを回収する。

ここまでは盤面、手札ともに互角。

圧倒的なまでの差が生まれているのは墓地の枚数。

墓地を自在に操るマフィ・ギャングに対してターン数を重ねれば重ねるほど不利になるのは目に見えている武田。

墓地を確認し、一呼吸。

勝負に出る。
武田、 《メラビート・ザ・ジョニー》 をプレイ。

「マスター・W・メラビート」を宣言。

出てくるのは 《超Z級 ゲキシンオー》

さらにそれだけにはとどまらない。

1、2、3、4、5。

盤面の5体のジョーカーズを参照し、ユメネコのバトルゾーン、シールドが文字通りすべて吹き飛んだ。

ここで勝負が決まるのか…?

筆者を含め誰もがそう思うような状況。

シールドをめくる。

よし、とつぶやくユメネコ。

《冥王の牙》 《戒王の封》 の同時SST。

…地獄の門が開かれた。これこそユメネコが「受け」を強くした理由だ。

ユメネコは2枚のSSTで武田のバトルゾーンを今度は逆に壊滅に追い込ませる。

そして同時にそれらの蘇生効果で 《メラビート・ザ・ジョニー》 で一掃された盤面をリカバリーしていく。
潤沢の手札に加え 《ルドルフ・カルナック》 《爆撃男》 がバトルゾーンに残るユメネコ。

対する武田のバトルゾーンには 《ヘルコプ太》 1体のみ。

2枚のSSTでしのいだユメネコは返しに 《サイバー・チューン》

墓地には 《グスタフ・アルブサール》 2枚と 《水上第九院 シャコガイル》

武田の額にも汗がにじむ。

ここで、ユメネコの墓地が何を意味するのか少しばかり解説。

もはやエリア予選ではおなじみとなった 《グスタフ・アルブサール》 の無限ループだ。

①次のターン 《戒王の封》 を唱え、 《グスタフ・アルブサール》 Aを 《爆撃男》 の上に進化。その攻撃時に 《グスタフ・アルブサール》 Bを 《ルドルフ・カルナック》 の上に進化する。

《グスタフ・アルブサール》 Bの攻撃時にキズナプラスにより 《グスタフ・アルブサール》 A、B両方の能力が誘発。Bのキズナ能力で 《ルドルフ・カルナック》 を場に出して、そのまま 《グスタフ・アルブサール》 Bを破壊し攻撃を中止。
待機していたAの能力で 《グスタフ・アルブサール》 Bを、場に出した 《ルドルフ・カルナック》 の上に進化させる。

②の処理を 《グスタフ・アルブサール》 A、Bの攻撃で交互に行う事で、 《ルドルフ・カルナック》 の効果で無限にドローができるのだ。

そして自身の山札が4枚以下になった瞬間に出すのは 《水上第九院 シャコガイル》
シールドに触れることなくエクストラウィンを達成する必殺コンボ。

今年のエリア予選を研究したことがあるプレイヤーなら一度は目に入れるだろうこのループ。

武田もそれがわかっているからこそ、次のターン…おそらく最後になるであろうこのターンに、そして、このカードにすべてを賭ける。

《ジョジョジョ・ジョーカーズ》

相手の場にはブロッカー1体。

《ジョジョジョ・ジョーカーズ》 で「スピード・アタッカー」を引き当てれば…

緊張の一瞬。

そして、最期に勝利の女神がほほ笑んだのは……武田だった。

山札から引き当て、場に出てきたのは 《ジョリー・ザ・ジョニー 》

引き金は二度引かない。最後の弾丸がシールド0枚のユメネコを打ち抜く。

Winner:武田

「1枚だけ、1枚だけ積んだんです。 《ジョリー・ザ・ジョニー 》 。どこかで絶対に活躍すると思ったんですよね」
対戦後に、そう語る武田。

「本当にいい試合でした。あと1ターン、でしたね」
対戦相手のユメネコも悔しさを述べる。

両者ともまだ大会は始まったばかり。

武田は2連覇に向け前のみを見据え、ユメネコはここから巻き返すために。

お互いの健闘を称え、2人は次の試合に向け席を立った。
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top