デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦   関西大会

​Round2:けみーvs vol.

494e95c5 b4ca 4ec7 998d 442e6b1c2961
去年3ブロックで行われた関西エリアも、今年は2ブロック増え会場は大勢のプレイヤーでごった返している。

既に数多くの有名プレイヤーが存在するこのエリアだが、5名も権利を獲得するともなれば、ニューフェイスを期待せざるを得ない。

そんな中で、2ラウンド目は去年エリア代表戦を駆け抜けたけみーがフィーチャーに選出された。

対戦相手であるvol.とは何回か対戦経験があるようだ。

まだまだ序盤なので躓くわけにはいかない二人。

ここで歩を進めるのは果たしてどちらか?

じゃんけんの結果、先攻はvol.でデュエマ・スタート。

まずはvol.が2ターン目に 《フェアリー・ライフ》 でマナ加速。

けみーも 《アッポー・チュリス》 召喚と、お互いに自分の刃を研ぎ始める。

先手で得た優位を使い、ビートジョッキー相手にどこまでリソースを伸ばせるかが勝負のこのマッチアップ。

vol.はここでけみーよりも先に"ブン回り"を見せる。
ボンバー・チャージャー
けみーの 《アッポー・チュリス》 に襲い掛かる 《ボンバー・チャージャー》 というマナ加速呪文。

無慈悲な展開差に、ここでの 《アッポー・チュリス》 の1ドローも頼りない。

しかし、けみーもここで引き下がるわけにはいかない。

3ターン目に入ると 《ダチッコ・チュリス》 を召喚。

そして 《“罰怒“ブランド》 がマスターB・A・Dで召喚される。

vol.の速さに追いつくには打点を押し付けるしかない。

まずは 《“罰怒“ブランド》 がW・ブレイカーで2枚のシールドを割る。

続けて 《ダチッコ・チュリス》 がトリガーを割ると、飛び出したのは 《罠の超人》

《“罰怒“ブランド》 がマナゾーンへと追いやられると 《ダチッコ・チュリス》 までも失ってしまう。

けみーの戦線を1枚のトリガーで壊滅させたvol.は更に厳しい一手を打つ。
ブロック・キング
速さが売りのビートジョッキの代名詞、3ターン目 《ダチッコ・チュリス》 からの大型クリーチャーに匹敵するビックマナの好手。

《フェアリー・ライフ》 から 《ボンバー・チャージャー》 そして 《ブロック・キング》 という恐るべき展開を見せるvol.。

《罠の超人》 のトリガーを挟んでの現環境最大の蓋 《ブロック・キング》
この牙城を前にけみーはそれでもあきらめずに 《一番隊 チュチュリス》 《ダチッコ・チュリス》 《ボワー汽艦 ゴリンゴリ》 の連続召喚。

全て 《ブロック・キング》 の効果によってタップ状態となってしまっているが、1体でもクリーチャーが生き残れば、と望みを繋げる。

Vol.は優位を保ったまま 《コレンココ・タンク》 でマナ加速をしながら 《グレート・グラスパー》 をきっちり手札に加える。

《罠の超人》 《ボワー汽艦 ゴリンゴリ》 を攻撃し、手札の補充だけは阻止してターンを終える。

追い詰められたけみー、ここではマナチャージのみでターンを終え好機を待つ。

ついにvol.のデッキの顔である 《グレート・グラスパー》 が召喚されると 《一番隊 チュチュリス》 までもが失われてしまう。

残りのクリーチャーが 《ダチッコ・チュリス》 のみとなったけみー、引けども引けども 《ブロック・キング》 に対する回答はない。

そうしている内にVol.が 《自然星人》 を召喚、そして2体目、3体目の 《グレート・グラスパー》 を召喚していく。
一連の流れにけみーが干渉できないまま、遂に 《グレート・グラスパー》 が攻撃を始め、詰めに入るvol.。

満を持して、マナに潜んでいた2体の 《水上第九院 シャコガイル》 がバトルゾーンに現れると、けみーは3枚のトリガーに手をかける。

《自然星人》 により圧縮された山札は目に見えて薄く、ここでの 《グレート・グラスパー》 の3枚ブレイクに最後の明暗が集まる。

けみーがトリガーしたカードは 《DNA・スパーク》

vol.のターンをやり過ごすことは出来た、が2体の 《水上第九院 シャコガイル》 がけみーのドローを許すことはなかった。

Winner:vol.

ビートジョッキーとの練習を数多くこなしてきたvol.が、先手の"ブン回り"を取りこぼすことなくキッチリ勝利。

vol.はこの勢いのまま今日の人となれるのか?

また、けみーも1敗はまだまだ予選を抜けられるラインなので、二人の残りのラウンドでの活躍に期待しよう。
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top