デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦   関西大会

Eブロック決勝:Mayo vs. ぜろ。

Ec7d1738 8b87 4d2b ae11 20ab42320577
関西エリアもついに決勝戦、長かった戦いもこれで最後となる。

Eブロックの決勝戦は火ジョーカーズを使用するMayoと、光水自然グラスパーを使用するぜろ。の試合となった。

「カバレージ書かれるのは初めてやな」とぜろ。。

「僕もカバレージを書かれる決勝は初めてです」とMayo。

軽快に言葉を交わすお互いの表情からは、決勝までたどり着けたことによる嬉しさと、決勝戦へ臨む緊張が伺える。

「僕がいくぞ!デュエマと言うので、皆さんでスタート!と言ってください」というアナウンスが、対戦開始が近いことを知らせる。

いよいよ試合が始まる。

この対戦に勝った選手が、全国大会への切符を手にするのだ。

会場の熱気が増していく中、会場全員のコールとともに、戦いの火蓋は切って落とされた。

先攻はぜろ。。

1ターン目に 《罠の超人》 をチャージし、2ターン目に 《タルタホル》 を召喚。

手札より 《グレート・グラスパー》 を見せ、1枚マナを増やす。

更に3ターン目、4ターン目に 《タルタホル》 を召喚し、4ターン目にして3体の 《タルタホル》 が場に並ぶ。

一方Mayoは2ターン目に 《勇愛の天秤》 、3ターン目に 《ヤッタレマン》 、4ターン目に 《ヘルコプ太》 で2ドローと、 《超Z級 ゲキシンオー》 への準備を着実に整えていく。

ぜろ。の5ターン目。
《タルタホル》 《グレート・グラスパー》 にNEO進化させ、 《ヤッタレマン》 を除去したのち 《タルタホル》 でプレイヤーにアタックするが、Mayoのシールドから 《バイナラドア》 が飛び出す。
バイナラドア
《グレート・グラスパー》 がバトルゾーンから山札の下に送られ、そのままターンを終えるぜろ。。

少し安心した様子のMayoは 《ジョジョジョ・ジョーカーズ》 を唱え、 《ヘルコプ太》 を手札に加える。

更にJOEを使用せずに 《カメライフ》 を召喚し 《タルタホル》 を破壊、続く 《バイナラドア》 の攻撃でぜろ。のバトルゾーンに並んだ 《タルタホル》 が一層される。

返すターンをそのまま終えたぜろ。に、Mayoは迷いなくJOEでコストを軽減した 《超Z級 ゲキシンオー》 を召喚。

バトルゾーンのジョーカーズは4体。
超Z級 ゲキシンオー ヘルコプ太
バイナラドア カメライフ
《超Z級 ゲキシンオー》 の効果によりぜろ。のシールドが4枚ブレイクされる。

しかし、ここで光水自然グラスパーに搭載されたシールドトリガーが牙を剥く。

ブレイクされたシールドから 《隻眼ノ裁キ》 《フェアリー・シャワー》 《DNA・スパーク》 がトリガーする。

「強い!」

これにはMayoも思わず声を上げた。

《フェアリー・シャワー》 で手札を整えつつ、 《DNA・スパーク》 《隻眼ノ裁キ》 によって 《超Z級 ゲキシンオー》 の猛攻を凌ぎきったぜろ。。

そのまま反撃に転じたい場面だが、ぜろ。のマナゾーンに強力なクリーチャーはいない。

そこでぜろ。は 《コレンココ・タンク》 《フェアリー・ライフ》 を使用し、 《グレート・グラスパー》 の進化元を用意しつつ、マナゾーンの増強を図る。
ワンショットが阻止されたMayoも、返すターン 《ジョジョジョ・ジョーカーズ》 を唱え、手札に加えた 《ヤッタレマン》 を召喚。

続けて 《ヤッタレマン》 をもう一体召喚、最後に召喚された 《ヘルコプ太》 で6枚のカードをドローし、体勢を立て直す。

返す8ターン目。

ぜろ。は2体目の 《コレンココ・タンク》 を召喚、 《水上第九院 シャコガイル》 を手札に加える。

そして、 《コレンココ・タンク》 《隻眼ノ裁キ》 でタップされていた 《バイナラドア》 を攻撃。

相手クリーチャーの数を減らしたぜろ。だが、Mayoの攻撃の準備は既に整っていた。

続くターン、Mayoの繰り出した 《メラビート・ザ・ジョニー》 が2体の 《超Z級 ゲキシンオー》 を発射する。
メラビート・ザ・ジョニー
《メラビート・ザ・ジョニー》 《超Z級 ゲキシンオー》 がぜろ。のバトルゾーンとシールドを吹き飛ばし、勝敗は決した。

Winner:Mayo

「優勝した!」と、対戦席から仲間に報告するMayo。

その眼には全国大会への希望が宿っていた。

見据えるのは次の道。

彼はこれからも、この果てしなく続いていく道を登って行くだろう。

おめでとう!関西エリアEブロックチャンピオン!

これからの道に幸あらんことを!
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top