デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦 北関東大会

​決勝第1回戦:とり vs. かいば

C194647d 9331 490d 8c01 cce2020d83d2
いよいよ予選ラウンドが終わり決勝ラウンド。予選を勝ち抜いた16名のプレイヤーが権利を目指して戦う……とならないがエリア予選。

DMGPでのトップ8などでシード権を獲得した選手がこのラウンドから登場し、予選突破者と対戦し、真のTOP16を決める戦いが始まるのだ。

この北関東エリア予選でシード権を獲得していたのはDMGP-4thでモルネクを使用しトップ8入賞を果たしているとり。使用するデッキは光闇自然の 《グレート・グラスパー》

シード者と対するのは、予選ラウンド突破下位のプレイヤーとなるので、このラウンドを戦う対戦相手は予選16位のかいばとなる。使用するのは同型の光闇自然の 《グレート・グラスパー》 だが、 《青銅の鎧》 に代表される小型クリーチャーを多めに採用し、 《ナグナグ・チュリス》 などにアドバンテージをとられやすい一方でNEO進化を活用できる、どちらかというと同型戦を意識したチューンの形だ。

歴代、シード権のプレイヤーは、予選ラウンドで勢いを得たプレイヤーに押し負けてしまう傾向があるが、この大会ではどうなるか。

じゃんけんで先手はとり、 《隻眼ノ裁キ》 をマナチャージしてターンエンド。対するかいばも 《阿修羅ムカデ》 をチャージし、互いに近い形のデッキを使用していることが伺える。

ファーストアクションはとりの 《魔薬医 ヘモグロ》 。かいばも 《青銅の鎧》 を召喚し、アドバンテージを取り返しにかかるのだが、続いて 《ルドルフ・カルナック》 が出てきたことで、とりはドローを進めつつ 《魔薬医 ヘモグロ》 を破壊し、ターン終了時に呼び戻すことでアドバンテージ差を一気に広げる。

ここでかいばは 《雷鳴の守護者ミスト・リエス》 を召喚し、恒久的なアドバンテージ獲得手段を得るのだが、たいするとりは 《緑知銀 イーアル》 をマナチャージ無しから召喚し、2マナ加速に成功する。

かいばは 《青銅の鎧》 を出しつつ、 《解体人形ジェニー》 につなぎ、 《ルドルフ・カルナック》 《隻眼ノ裁キ》 《阿修羅ムカデ》 《キラードン》 という手札から 《キラードン》 を捨てさせ、 《雷鳴の守護者ミスト・リエス》 で2枚ドロー。対して、とりは 《阿修羅ムカデ》 を召喚し、 《雷鳴の守護者ミスト・リエス》 を破壊するのだが、返すターンでかいばは追加の 《雷鳴の守護者ミスト・リエス》 を召喚する。
とりは 《隻眼ノ裁キ》 《雷鳴の守護者ミスト・リエス》 をタップすると、さらに 《ルドルフ・カルナック》 《魔薬医 ヘモグロ》 のコンボを繰り返し、さらに 《阿修羅ムカデ》 《雷鳴の守護者ミスト・リエス》 へと殴り返す。

かいばは 《グレート・グラスパー》 《青銅の鎧》 からのNEO進化で召喚すると、 《阿修羅ムカデ》 をマナゾーンに送り込みつつ、即攻撃で 《グスタフ・アルブサール》 をマナゾーンから 《解体人形ジェニー》 へとNEO進化しつつのTブレイク。このブレイクにトリガーはなく、今度は 《グスタフ・アルブサール》 がキズナプラスと 《グレート・グラスパー》 の能力を合わせて 《雷鳴の守護者ミスト・リエス》 《阿修羅ムカデ》 をバトルゾーンに出し、 《ルドルフ・カルナック》 を1体を破壊する。 《ルドルフ・カルナック》 でブロックして、とりはシールドを守る。

ここでとりは 《オヴ・シディアDG》 を召喚してターンを返し、かいばのターン開始時に 《隻眼ノ裁キ》 《グレート・グラスパー》 を止める。

かいばは 《解体人形ジェニー》 を召喚し 《グレート・グラスパー》 をディスカードさせると 《隻眼ノ裁キ》 《緑知銀 イーアル》 をフリーズさせる。そして 《グスタフ・アルブサール》 でアタックし、 《グレート・グラスパー》 の能力でバトルゾーンに出した 《凶殺皇 デス・ハンズ》 《オヴ・シディアDG》 を破壊する。

このアタックで 《未来設計図》 《きのこあら》 がトリガー、小型クリーチャーが一掃され、バトルゾーンにはタップ状態の 《グレート・グラスパー》 《グスタフ・アルブサール》 、そして 《阿修羅ムカデ》 が残るのみ。この 《阿修羅ムカデ》 《隻眼ノ裁キ》 の乗る最後のシールドをブレイクし、 《隻眼ノ裁キ》 の使いまわしを終了させるとともに、とりのシールドをゼロとする。

とりは 《魔薬医 ヘモグロ》 を召喚すると、さらに残るマナで 《グレート・グラスパー》 をNEO進化させ、バトルゾーンに出た時の能力で 《阿修羅ムカデ》 をマナゾーンに送りつつ、攻撃時の能力で 《阿修羅ムカデ》 をバトルゾーンに出すと、 《グレート・グラスパー》 のパワーを低下させ、自身の 《グレート・グラスパー》 とのバトルで一方的に勝つことを可能とする。

だが、しかし。

かいば 「 《グスタフ・アルブサール》 、アンタップしますよね?」
《隻眼ノ裁キ》 で最後のフリーズで指定したのは 《グスタフ・アルブサール》 ではなかった。アンタップした 《グスタフ・アルブサール》 が、最後のアタックを決めたのだった。

Winner:かいば

とり 「デュエマ、1回しかしてねぇ!」
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top