デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦 北関東大会

​Round 4:ざわ vs. ニャーさん

792a21c5 a9c3 4200 8522 451a8e1427f1
南東北エリア大会に続いて、2会場目の新章限定構築となったこの北関東エリア大会。

だが、南東北大会のレベルの高さもあってか、この環境はかなり解明が進み、会場の大半を3種類のデッキが占める状況となっている。

その三つとは、ビートジョッキーと火ジョーカーズ、そして多種多様な 《グレート・グラスパー》 デッキだ。当然、 《グレート・グラスパー》 系統のデッキは組み合わされる文明も含めて様々なパターンがあり、そして、採用されるカードにも各人の個性がでてはいるのだが、この環境でのコントロールデッキの軸が 《グレート・グラスパー》 というのはほぼ固いだろう。

何名かトリガーを中心とした4文明以上のコントロールデッキを持ち込み、 《グレート・グラスパー》 を取りに来たビートダウンを返り討ちにしようという意欲作を持ち込んでいるが、そんな中、まったく別の軸でコントロールデッキを持ち込んでいるプレイヤーがいる。

それが闇火コントロールを持ち込んだざわだ。

ざわ 「ちょっと時間に追われて前のマッチはミスってしまって……」

と語るざわだが、使用するデッキは、主にマフィ・ギャングのギミックが多く組み込まれた意欲作。対するニャーさんの 《グレート・グラスパー》 デッキとどのような戦いを見せるのか。

じゃんけんで先手はニャーさん。 《凶殺皇 デス・ハンズ》 をマナチャージ。対するざわは 《爆殺!! 覇悪怒楽苦》 をマナチャージしてターンを返す。ニャーさんは2ターン目も 《ルクショップ・チェサイズ》 をチャージしてターンを返すが、ざわは2ターン目に 《勇愛の天秤》 《阿修羅ムカデ》 をディスカードして手札を整理する。そして、ニャーさんが 《フェアリー・ライフ》 でマナ加速した返しに、 《改造治療院》 でディスカードさせつつ 《阿修羅ムカデ》 を回収し、アドバンテージを稼ぐ。

ニャーさんは 《解体人形ジェニー》 を召喚。 《ナグナグ・チュリス》 《阿修羅ムカデ》 《歓楽の処刑台》 《勇愛の天秤》 という手札から 《阿修羅ムカデ》 をディスカードさせる。

かえしでざわは 《ナグナグ・チュリス》 を召喚し 《解体人形ジェニー》 とバトルさせこれを除去。続いてニャーさんが盤面に送り出した 《雷鳴の守護者ミスト・リエス》 《勇愛の天秤》 で除去しアドバンテージを取り返すことを許さない。ニャーさんがさらに召喚する 《戦の傾き 護法》 《ナグナグ・チュリス》 を破壊しての 《歓楽の処刑台》 で除去と徹底的に盤面を掃除していく。

徹底した除去を前に、手が尽きてしまったニャーさん。対してざわはこの隙に 《ルドルフ・カルナック》 を召喚すると能力で自身を破壊し2枚ドロー、ニャーさんの後続に備える。ニャーさんはマナチャージで、デッキのメインの動きとなる8マナに。ざわは 《魔薬医 ヘモグロ》 を召喚しターンを返した。

ニャーさんのドローは 《戦の傾き 護法》 。これを召喚されたの対してざわは 《凶鬼03号 ガシャゴズラ》 を召喚し、墓地から 《ナグナグ・チュリス》 を呼び戻し 《戦の傾き 護法》 とバトル、 《凶鬼03号 ガシャゴズラ》 によって得たスレイヤーで互いに破壊される。この 《凶鬼03号 ガシャゴズラ》 を一度は 《隻眼ノ裁キ》 でタップするニャーさん。

そろそろ盤面を固めに行きたいざわは 《キラードン》 を追加。対するニャーさんはデッキのキーカードである 《グレート・グラスパー》 をトップデックし、 《凶鬼03号 ガシャゴズラ》 をマナゾーンへ。しかし、この 《グレート・グラスパー》 は攻撃時の能力を使い始める前にざわの手打ちの 《イフリート・ハンド》 で墓地に送り込まれてしまう。

だが、ニャーさんも 《罠の超人》 を召喚し 《キラードン》 をマナゾーンに。互いに除去の尽きない一進一退の攻防が続く。ざわの手が1ターンなかった隙に、今度は 《阿修羅ムカデ》 をトップデックしたニャーさん、 《魔薬医 ヘモグロ》 を自身のターンに破壊し復活を許さない。

盤面が空になったざわだが、ここで 《ジョルジュ・バタイユ》 を適正にマナを支払ってプレイ。ニャーさんはこの 《ジョルジュ・バタイユ》 を2枚目の 《隻眼ノ裁キ》 でフリーズする。

ざわは、後続を断つべく 《ブロック・キング》 を呼び出すのだが、この 《ブロック・キング》 は先ほどフリーズした 《ジョルジュ・バタイユ》 へと 《阿修羅ムカデ》 が自爆特攻をし、戻ってきたときの能力でパワーをマイナスされ墓地へと送り込まれる。ざわは、 《歓楽の処刑台》 を、自身の対象を 《ジョルジュ・バタイユ》 とし、破壊を墓地回復へと置換する。

そう、互いに除去を使いあう消耗戦を続けた結果、この時点でニャーさんの山札は7枚。すでに2枚の 《隻眼ノ裁キ》 がシールドへと刻印されている状況でもあり、ざわは耐久からの相手の山札切れもプランへと組み込み始めたのだ。
逆に、超長期戦になれば自身が不利なことをこのプレイで理解したニャーさんは、 《凶殺皇 デス・ハンズ》 《魔薬医 ヘモグロ》 を破壊すると、いよいよ 《阿修羅ムカデ》 で攻撃を始める。

続くターン。 《グレート・グラスパー》 での突然の打点強化を防ぐべく 《ブロック・キング》 を展開するざわ。続くターンのニャーさんの 《阿修羅ムカデ》 のアタックを 《ルドルフ・カルナック》 でブロックすると、自身のターンに 《改造治療院》 《ルドルフ・カルナック》 を回収し、バトルゾーンに出た時の能力で 《ジョルジュ・バタイユ》 を指定。山札を回復しつつ手札を補充し、完全に耐久戦の構えだ。

対して急戦を求められるニャーさん。 《オヴ・シディアDG》 を召喚すると 《阿修羅ムカデ》 でアタック。今回の攻撃はリソース獲得のためかざわはブロックせず、トリガーした 《改造治療院》 《魔薬医 ヘモグロ》 を回収する。そして、ざわのターン開始時に 《隻眼ノ裁キ》 《オヴ・シディアDG》 の能力で手札に戻され、ブロッカーである 《ルドルフ・カルナック》 がタップされる。

打点を減らすべく 《オヴ・シディアDG》 《イフリート・ハンド》 で破壊するざわ。対するニャーさんは2体目の 《阿修羅ムカデ》 を引き当てるとこれを召喚し、タップ状態の 《ルドルフ・カルナック》 を破壊。そして、この隙にざわの最後のシールドをブレイクする。
シールドの枚数的には追い詰められたざわだが、ニャーさんの山札も残りは3枚。あとほんの少し耐えきるだけで勝利となる。ここで2体の 《阿修羅ムカデ》 に対抗するべく2体の 《ルドルフ・カルナック》 を確保し、ターンを返す。すでにニャーさんは手札もない。

だが、ニャーさんの山札から現れたのは、3枚目の 《阿修羅ムカデ》 。これによってざわは残る防御手段をすべて失ってしまうのだった。

Winner:ニャーさん
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top