デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦 北関東大会

Round 3:すめらぎ vs. じゅんすけ

Ee139093 ecf0 410b 991e 1da146cb51e7
デュエマトレインでもおなじみのひたちなか海浜鉄道に乗ってやってきた北関東エリア会場。

エリア予選2会場目となるここでフィーチャーされるのは、地元茨城のDMPランキング1位のすめらぎだ。

先日行われた超大型CSである超ガチCSを墓地ソースで優勝し一挙にランキングトップに駆け上がり、ほぼ毎日の動画投稿でも知られる「墓地のカリスマ」が今回相棒として選んだのは、もちろん墓地を活用する 《凶鬼03号 ガシャゴズラ》 ……ではなく、環境最速のビートジョッキー。

一方、対するじゅんすけが使用するのもビートジョッキー。環境最速同士の同型対決を制するのはどちらか。

じゃんけんで先手はじゅんすけ。1ターン目から 《ホップ・チュリス》 を召喚する展開。たいするすめらぎのデッキもビートジョッキー。マナチャージに熟慮を重ねたうえで 《マスター・スパーク》 をマナチャージしてターンを返す。
しかし、返しのターンにじゅんすけも追加のビートジョッキーを展開できず、ここは攻撃無しでのターン終了となる。じゅんすけの攻め手が途切れているとみたすめらぎは 《スチーム・ハエタタキ》 《ホップ・チュリス》 を破壊する。

《ダチッコ・チュリス》 を召喚すると、これを 《ランド覇車 ガンブルマン》 へと進化させこのゲーム最初のブレイクがなされる。トリガーはなし。

ビートジョッキー対決で攻守がどこで入れ替わるかはこの環境の見どころのひとつだ。先にブレイクした方が有利ではあるのだが、しかし、その分、多くのリソースを得るのは攻められた側。大量の手札をダンプするビートジョッキーにとって、ここが重要になってくる。

すめらぎは 《ダチッコ・チュリス》 から 《“罰怒“ブランド》 を展開すると、 《ランド覇車 ガンブルマン》 へと殴り返し、さらに 《ダチッコ・チュリス》 で1ブレイクをいれると、ターンエンドにマスターB・A・Dで 《ダチッコ・チュリス》 を破壊してターン終了。たいするじゅんすけは 《一番隊 チュチュリス》 を召喚してターンを返す。

これで、いったんは攻守が入れ替わる形となる。しかし、前述のように攻めすぎてしまえば相手のリソースを与えすぎてしまい、返しで逆転されてもおかしくない。熟考の末、すめらぎは 《“罰怒“ブランド》 《ランド覇車 ガンブルマン》 へと進化。 《一番隊 チュチュリス》 を破壊しつつ2枚ブレイクで、じゅんすけのシールドは2枚となる。
 
じゅんすけは返しで 《ホップ・チュリス》 を召喚すると、そのまま 《ランド覇車 ガンブルマン》 へと進化させ、すめらぎへの 《ランド覇車 ガンブルマン》 へと殴り返して相打ち。再び場は更地になり、すめらぎが選択肢をもった状態となる。
すめらぎは 《“罰怒“ブランド》 のみをマスターB・A・Dで召喚すると、じゅんすけの残る2枚のシールドをブレイクにかかる。ここで 《マスター・スパーク》 をトリガーしたじゅんすけだが、そもそもバトルゾーンには 《“罰怒“ブランド》 のみなので、これは手札整理にしかならない。

返すターンにじゅんすけは 《ダチッコ・チュリス》 《ボール"BOMB"ボマー》 を展開するが、ブレイクできず、返すターンのすめらぎが 《“罰怒“ブランド》 を召喚したのを見て、敗北を悟るのだった。

Winner:すめらぎ
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top