デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦  北海道大会

Round 5:北のあーさん vs. べるべる

530c8b4d 66fa 46b3 843e ca602af6b1d6
予選ラウンド最終戦。このラウンドが終わった時点で1敗のプレイヤーはトップ16が確定し、2敗のプレイヤーは運を天に任せる形でトップ16の発表を待つことになる。

ここで2敗ラインからフィーチャー席に呼ばれるのは、昨年度は惜しくも決勝でクリップアートに敗北し権利獲得ならなかったものの、その確かな実力と全国区の人気を見せつけた北のあーさんだ。

今大会でも、#俺フィーチャーでの「他薦」数はナンバーワン。もう、他薦の時点で「俺をフィーチャーしろ」ではないものの、読者の見たい戦いをお届けするのもカバレージの役割、自身の所属しないエリアで見たいプレイヤーをプッシュするのも大歓迎である。
  もちろん、「ミスター俺フィーチャー」ことVのもれも大プッシュだ。

使用するデッキは、関東エリア以来成績を残しつつある光単メタリカ。対するべるべるが使用するのは、他エリアよりも少し使用数が多いように見受けられる火ジョーカーズである。

先攻は北のあーさん。「じゃんけんは全勝なんだよな……全部チョキで勝ってる」。ファーストアクションは後手べるべるが1ターン目に 《ジョジョジョ・ジョーカーズ》 《超Z級 ゲキシンオー》 を手札に入れるところから。

しかし、北のあーさんが 《青守銀 スパシーバ》 《絶対の畏れ 防鎧》 と展開していくのに対して、べるべるは、やっと3ターン目に 《パーリ騎士》 を召喚するのみ。北のあーさんはさらに 《龍装者 バーナイン》 まで並べると、ついに 《絶対の畏れ 防鎧》 で攻撃を開始する。
べるべるは 《ジョジョジョ・ジョーカーズ》 《ヘルコプ太》 を手札に入れると、さらに 《パーリ騎士》 を召喚、使ったばかりの 《ジョジョジョ・ジョーカーズ》 をマナゾーンに送り込むと、このゲーム3枚目の 《ジョジョジョ・ジョーカーズ》 《超Z級 ゲキシンオー》 を手札に加える。

北のあーさんは 《青守銀 ルヴォワ》 を召喚すると 《パーリ騎士》 の1体をタップし 《絶対の畏れ 防鎧》 で殴り返す。確実にアドバンテージを稼いでいる北のあーさんではあるが、すでに2枚の 《超Z級 ゲキシンオー》 を見ているだけに、あまり悠長なことはできない。だが、このターンは相手のシールドの枚数を確認して、ここはアタックせずにターンエンド。

べるべるは5マナで 《ヘルコプ太》 を召喚し2枚ドロー、さらに 《勇愛の天秤》 で手札整理をする。北のあーさんは 《奇石 アムベル》 《パーリ騎士》 をタップ、さらに 《赤攻銀 マルハヴァン》 を召喚すると、 《青守銀 ルヴォワ》 《パーリ騎士》 へとアタックし、ターンエンドする。

いよいよ8マナまで伸びたべるべるは、まず 《勇愛の天秤》 《奇石 アムベル》 を破壊すると、残った6マナで 《ビギニング・ザ・メラビート》 を召喚。メラビート能力で 《カメライフ》 をバトルゾーンに出すと、 《絶対の畏れ 防鎧》 を破壊し、ターンを終了する。
北のあーさんは2体目の 《青守銀 ルヴォワ》 を召喚すると、 《ビギニング・ザ・メラビート》 をタップし、 《瞬封の使徒サグラダ・ファミリア》 を追加し、 《赤攻銀 マルハヴァン》 《ビギニング・ザ・メラビート》 へと殴り返す。一方、べるべるは 《勇愛の天秤》 《瞬封の使徒サグラダ・ファミリア》 を破壊してターンを終える。

《青守銀 スパシーバ》 《緑知銀 イーアル》 《一番隊 クリスタ》 、そして 《緑知銀 イーアル》 の上にNEO進化でさらに 《青守銀 スパシーバ》 と並べると、一気に攻撃を開始する。

ここでトリガーを引けなかったべるべるは、手を差し出した。

Winner:北のあーさん

なんとか2敗ラインを死守した北のあーさんではあったが、トップ16が読み上げられる中、そのエントリー番号である「0066」は呼ばれることはなかった。
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top