デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦  北海道大会

Round3:クリップアート vs. 北の親方

5fe9524a 437a 4526 9f76 d14480bedc25
北の大地のエリア予選は、毎年のように雪が降る。

今大会も例にもれず朝から雪で、そんな中で最初のフィーチャーマッチをお届けしよう。

クリップアート 「どうせなら、勝ってる時にフィーチャー呼ばれたかったー!」

と語るのは、デュエマ・スターカップ・革命ファイナルカップと2年連続で北海道エリア王者となっているクリップアートだ。おととしはルーキーとして、そして、昨年は二連覇をかけて切り札を盤面に叩きつけ続けてきたクリップアートが今回、叩きつける相棒として選んだのは、 《メラビート・ザ・ジョニー》 だ。

とはいえ、冒頭にあるように今年はかなり不調のようで、このRound 3の時点ですでに2敗。2敗ラインも数名はトップ16への入賞権利はあるものの、すでにかなりの崖っぷち状態だ。

対するのは北の親方。こちらも使用するのは 《メラビート・ザ・ジョニー》 を切り札とした火ジョーカーズだ。

同型での2敗対決となったこの戦いを勝ち抜き、決勝ラウンド進出への望みをつなぐのはどちらか。

じゃんけんで先手は北の親方。ここまでじゃんけん3連敗のクリップアート。 《メラビート・ザ・ジョニー》 をマナチャージする北の親方に対して、クリップアートは 《バイナラドア》 をマナチャージする。
ファーストアクションは北の親方が2ターン目にだした 《ヤッタレマン》 。これをクリップアートは 《勇愛の天秤》 で除去する。この破壊された 《ヤッタレマン》 は、続くターンの 《パーリ騎士》 で墓地からマナゾーンに置かれる。クリップアートも 《パーリ騎士》 を召喚し、 《勇愛の天秤》 をマナゾーンに。
そして、続くターンも互いに 《ヘルコプ太》 で2枚ドローと完全に同じ動き。北の親方はさらに2体目の 《ヘルコプ太》 を召喚。ここでクリップアートはデッキトップから 《ヘルコプ太》 をドローし、鏡打ちに成功、さらに余った1マナで 《ジョジョジョ・ジョーカーズ》 を使用して、 《カメライフ》 を手に入れる。

しかし、返すターンでゲームが大きく動く。

北の親方は 《メラビート・ザ・ジョニー》 をプレイすると、マスター・W・メラビートで 《超Z級 ゲキシンオー》 がバトルゾーンにでる。5枚のジョーカーズがバトルゾーンに並んだので、まずは 《メラビート・ザ・ジョニー》 の能力でクリップアートのクリーチャーが全滅し、そして 《超Z級 ゲキシンオー》 の能力で5枚のシールドがブレイクされる。

ここにトリガーは 《爆殺!! 覇悪怒楽苦》 しかない。

Winner:北の親方

クリップアート 「もう、じゃんけん勝てない時点で負けだったよ!」

ほぼ完全な鏡打ち対決となったこの対戦。次のターンにはクリップアートも 《超Z級 ゲキシンオー》 を出す用意があっただけに、先手後手が明暗をわけた。
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top