デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦 中国エリア 2日目

中国エリア2日目トップ5カード

62dc8317 bffe 4e44 a359 cff6fcc77044
今大会で目立った五枚のカードを今回は紹介していこうと思う。

5位: 《自然星人》
自然星人
中国エリアでは対抗馬に留まった 《グレート・グラスパー》 のデッキだが、その中でもアップデートがあったとするならば、このクリーチャーの採用だろう。

マナを増やす役割はもちろん 《グレート・グラスパー》 をマナから回収できるので、盤面で放っておけない存在となっている。

マナゾーンにカードを大量に遅れるので、最終的には 《水上第九院 シャコガイル》 での勝利条件に貢献してくれるので、デッキの新たな潤滑油として、今後も注目されるだろう。

4位: 《絶対の畏れ 防鎧》
絶対の畏れ 防鎧
光単のデッキに限らず、様々なデッキに出張していたこのクリーチャー。

メタゲームの過渡期を経て増えた手札破壊のカードにも有効で、今回は何とビートジョッキーにまで採用されていた。

光文明を足すことの利点として多色化を促すこのカードを対処するために 《スチーム・ハエタタキ》 《ジャジー・トランパー》 といった軽量の除去が採用されることも珍しくなくなった。

3位: 《超Z級 ゲキシンオー》
超Z級 ゲキシンオー
ビートジョッキーと 《グレート・グラスパー》 両方に有利を取れるとして選択された火文明入りジョーカーズ。

新しく加入したフィニッシャーである 《超Z級 ゲキシンオー》 の決定力がデッキ選択の動機となっていた。

《ビギニング・ザ・メラビート》 《メラビート・ザ・ジョニー》 どちらのカードからも出せるので、活躍の機会も多い。

それだけでなく 《爆殺!! 覇悪怒楽苦》 のスーパー・S・トリガーから出てくれば逆転勝利間違いなし、としてドラマティックな場面を量産していた。

2位: 《ホップ・チュリス》 《ステップ・チュリス》
ホップ・チュリス ステップ・チュリス
中国エリア1日目の結果を見て、多くのプレイヤーがビートジョッキーへの意識を強める中、本大会2位のひこうきのアプローチは一際目立つものだった。

彼が用意した回答は更なる速さであり、 《ホップ・チュリス》 から 《ステップ・チュリス》 への動きが決まれば、その勢いを返せる手段はぐっと少なくなる。

特に3ターン目に照準を置いたビートジョッキーでは先に細かく動かれると非常に厄介で、スピード勝負で圧倒される場面を何度も目撃した。

ビートジョッキーに留まらず、他のデッキに対しては尚もきつい猛攻であることは言わずもがなである。

1位: 《凶鬼65号 カベドン》
凶鬼65号 カベドン
そんな最大勢力となったビートジョッキーに対しての最も有力な解答がこの 《凶鬼65号 カベドン》 ではないだろうか?

2マナでパワーが5000もあるブロッカーは序盤からの驚異そのものであった。

《ランド覇車 ガンブルマン》 の破壊範囲を遥かに越したサイズで、早いターンからビートジョッキーに対してのストッパーとして働くのである。

《凶鬼03号 ガシャゴズラ》 で採用でき、自らの自壊効果を利用して 《赤攻銀 マルハヴァン》 をアンタップさせるなど、様々なシナジーを形成し恋を優勝まで導いていた。
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top