デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦 中国エリア 2日目

Round5:キュレムvs えめ

8cc5f787 05a6 4de1 adc2 1b795d921c11
予選最終戦は、3勝1敗同士、決勝ラウンドへの進出を賭けた火単ビートジョッキーのミラーマッチをお届けしよう。

先攻はキュレム。 《マスター・スパーク》 チャージと、一目で何のデッキか予想することは難しいが、後攻のえめも 《DNA・スパーク》 チャージと意趣返し。

2ターン目になり、クリーチャーの展開が始まりワンテンポ遅くお互いにお互いのデッキが判明。キュレムは 《アッポー・チュリス》 、えめは 《一番隊 チュチュリス》 だ。

しかし3ターン目の動きは差が出た。動こうにも動けないキュレムは手札をマナに置いて、しばらく考えたのち盤面の 《アッポー・チュリス》 を持って殴るかどうかを考え始めた。

《一番隊 チュチュリス》 に殴り返されることを考えても先に盾を減らしておきたいキュレムはシールドブレイクを敢行。先にシールドに傷をつけた。
そして、1枚増えた手札を元手に今度はえめが 《ダチッコ・チュリス》 《ランド覇車 ガンブルマン》 の黄金パターンで攻め立てる。 《アッポー・チュリス》 が破壊され、1ドローが先に挟まり、シールドが2枚割られる。

《一番隊 チュチュリス》 での追撃を考え、やはりえめもシールドを1枚でも多く割っておきたいと判断、さらにシールドを1枚ブレイクし、キュレムのシールドは2枚に。

シールドを一気に削られ、 《ランド覇車 ガンブルマン》 のせいで返す要求値が高くなったキュレムだが、それを解決するためのカードがキュレムの手札には握りこまれていた。
ドープ "DBL" ボーダー
《ダチッコ・チュリス》 を経由し、 《ドープ "DBL" ボーダー》 が登場。バトルに勝利するとアンタップしパワーが2倍になるという特有の効果を持っているこのクリーチャーだが、その効果をこのターン遺憾なく発揮した。

《一番隊 チュチュリス》 を攻撃し、バトルに勝利。アンタップし、パワーは8000に。そしてシールドを1枚ブレイク。更に 《ランド覇車 ガンブルマン》 をアタックし、相討ち……なのだが、 《ドープ "DBL" ボーダー》 のもう一つの効果が発動。破壊されるとき、他のクリーチャーを犠牲にすることにより破壊を免れることができる。

今しがた出した 《ダチッコ・チュリス》 を犠牲にし、ターンをえめに渡す。

えめのシールドは3。ビートジョッキーに対して、この盾の枚数はいまいち不安が募る上、意味深に残された 《ドープ "DBL" ボーダー》 が絶妙なプレッシャーを与えてくる。

えめも 《ドープ "DBL" ボーダー》 を出し、キュレムの自分自身と相討ち。盤面は2体の 《ドープ "DBL" ボーダー》 以外誰もいないため、犠牲効果も使えず仲良く墓地に。
互いのシールドと盤面が減り、硬直するかと思われたところでキュレムが動き出す。

《一番隊 チュチュリス》 《アッポー・チュリス》 《ランド覇車 ガンブルマン》 とテンポよく出していき、 《ランド覇車 ガンブルマン》 《アッポー・チュリス》 の上に。

もう我慢ならない! 《ランド覇車 ガンブルマン》 が猛然とえめに向かって走り出す。えめのシールドをぐしゃり。残り1枚まで追い詰めた。

これによって手札が増えたえめは 《エナジー・チュリス》 《“罰怒“ブランド》 とプレイヤーに向かってダイレクトアタックができるだけの攻撃量を確保。

シールドには……何もない!

WINNER えめ

この後、えめに残り1枚のシールドを見せてもらったが、 《ボワー汽艦 ゴリンゴリ》 。つまりトリガーはなかった、ということになり、 《ランド覇車 ガンブルマン》 をNEO進化させず、次のターンに一斉攻撃を仕掛けていれば……という結果になり、キュレムは「マジか……」とその場にうなだれてしまった。
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top