デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦 中国エリア 1日目

準々決勝:うにぞんvs Umi:ゆーみ

E3e5226f be69 48d8 b064 13214f5f6a8f
予選ラウンドが終わり、決勝トーナメントも残すところ8人となった。

予選ラウンドでは各テーブルの椅子を埋め尽くすほどのプレイヤーがいたが、今では1テーブルに2人しか座ることが許されていない。

多くのプレイヤーが観戦者となった中、多くの仲間たちに見守られてフィーチャーへと案内されたのはうにぞんと、Umi:ゆーみ。

まだまだ気の抜けない準々決勝。

どんどん細く、狭くなっていく優勝への道を潜り抜けられるのは、果たしてどちらなのか?

じゃんけんの結果、Umi:ゆーみが先攻でデュエマ・スタート。

お互いのファースト・アクションはUmi:ゆーみが 《アッポー・チュリス》 の召喚、そしてうにぞんが 《ヤッタレマン》 の召喚となった。

その後、Umi:ゆーみは 《一番隊 チュチュリス》 を召喚の後 《アッポー・チュリス》 で攻撃、まずはジャブを見舞う。

ここでのトリガーは無く、うにぞんは 《パーリ騎士》 を追加して 《ヤッタレマン》 《アッポー・チュリス》 に攻撃し、これを破壊。
《ヤッタレマン》 を誘い出せたUmi:ゆーみは 《ボワー汽艦 ゴリンゴリ》 を召喚して 《ヤッタレマン》 に攻撃。

《ヤッタレマン》 を破壊しながら安全に手札の交換を行う。

うにぞんはそれを意にも介さず2体目の 《パーリ騎士》 《ヤッタレマン》 をマナへと変える。

芳しくない初手から何とか 《ボワー汽艦 ゴリンゴリ》 に漕ぎつけ、手札は交換したものの、まだまだ芳しくない様子のUmi:ゆーみ。

苦笑交じりに 《ラウド "NYZ" ノイジー》 を召喚しリスキーにシールドから2枚を手札に加える。

その甲斐もあってか 《アッポー・チュリス》 《“罰怒“ブランド》 と続けざまに展開して、何とか攻勢に移れる体制が整う。

まずは 《“罰怒“ブランド》 の恩恵でスピードアタッカーとなった 《アッポー・チュリス》 が攻撃に向かうが、ここでうにぞんが引き当てたトリガーは 《バイナラドア》

《“罰怒“ブランド》 が山札の下に退くと打点は一気に下がり、Umi:ゆーみは堪らずにターンエンド。

すると、うにぞんは 《ヘルコプ太》 を召喚、盤面に並んだジョーカーズの数である5枚のカードを一気にドロー。

攻めには転じれなかったものの、抱えた手札の多さをプレッシャー変えてターンを返す。

自身の手札とマナゾーン、そして墓地に置かれたカードを見て、自分のトリガーの中身の薄さを悟ったUmi:ゆーみ。

「これがラストターンか。」と呟き4枚目の 《DNA・スパーク》 をマナチャージした後に 《一番隊 チュチュリス》 の上に 《ランド覇車 ガンブルマン》 をNEO進化させる。

戦力を揃えたUmi:ゆーみは死中に活を見出すべく、うにぞんのシールドへと総攻撃を仕掛ける。

《ボワー汽艦 ゴリンゴリ》 がシールドをブレイクした後に 《ラウド "NYZ" ノイジー》 で残り2枚のシールドをブレイク。
ここでの2枚のトリガーをうにぞんは勢いよく盤面に出す。

《ハクション・マスク》 《爆殺!! 覇悪怒楽苦》 が待機状態となる。
爆殺!! 覇悪怒楽苦
そう 《爆殺!! 覇悪怒楽苦》 だ。

スーパー・S・トリガーの効果で山札の上から更に勢いよく 《超Z級 ゲキシンオー》 が飛び出すとUmi:ゆーみは攻め手はおろか、シールドまでも一気に失ってしまう。

《超Z級 ゲキシンオー》 はその勢いのままダイレクト・アタックを決め、うにぞんは準決勝への扉を勢いよく開けた。

Winner:うにぞん

うにぞん、ビートジョッキーの海を火ジョーカーズで泳ぎ抜けるか?

優勝まで後2回。
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top