デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦 中国エリア 1日目

決勝第1回戦:ババトゥリアンvsいかすみ

Dbdfa8e6 2b95 4a22 a034 a05968980ede
中国エリア1日目の戦いはデッキチェックを挟んで、上位16名によって行われた。

決勝ラウンド1戦目でフィーチャー席に座るのは予選1位通過のババトゥリアンと上位16名のうち唯一の3勝2敗で勝ち上がったいかすみの対戦だ。

上位のうち半数以上が火t光ビートジョッキーを選択しているこの環境で、先攻後攻を決めるジャンケンは重要なものになりかねない。

何度かのあいこののち、いかすみの先攻でゲームは始まる。

二人のマナチャージはそれぞれ 《ランド覇車 ガンブルマン》 《ボワー汽艦 ゴリンゴリ》 と、ビートジョッキーを使ったビートダウンそのもの。ゲームは急スピードで加速する。
互いが 《一番隊 チュチュリス》 からのスタートを切った後の3ターン目、いかすみの攻勢が始まる。 《アッポー・チュリス》 《ダチッコ・チュリス》 《“罰怒“ブランド》 と先にシールドを全て割り切る姿勢に。

全てのシールドを「スーパーS・トリガーをケアしながら」「相手のデッキに入っているであろう各種スパークを可能な限り最小限の被害で抑えるように」を守りつつ、 《ダチッコ・チュリス》 からまずはブレイク。トリガーはしない。

続いて 《アッポー・チュリス》 も攻撃に参加するが、まだトリガーはない。

ならば 《“罰怒“ブランド》 のWブレイクは……
爆殺!! 覇悪怒楽苦
スーパーS・トリガーのケアはできたものの、スパーク以上に被害が大きいカードを踏み抜いてしまい、盤面が 《“罰怒“ブランド》 のみになってしまう。

そして 《“罰怒“ブランド》 を早出しするためのキーワード能力「マスターB・A・D」のデメリット効果により 《“罰怒“ブランド》 自身も墓地に置かれ、いかすみの盤面は更地に戻ってしまった。
なんとかシールド1枚を残してターンが帰ってきたババトゥリアンだが、相手のリソースが少なくなった今、うかつにシールドを手札に与えて追撃のチャンスを与えるのはまずい。

《ダチッコ・チュリス》 《ランド覇車 ガンブルマン》 と出し、 《ランド覇車 ガンブルマン》 はNEO進化せず横に並べるのみ。2ターンに分けて展開を行い、過剰打点をつくるようにした。

一方いかすみは5枚のシールドがあり、一枚のトリガーからカウンターが可能な状況。 《ランド覇車 ガンブルマン》 がいる以上、展開しても破壊されるだけなので、ターン開始時のドローだけ行い終了を宣言した。

2回目の展開が許されたババトゥリアンは 《ダチッコ・チュリス》 《ダチッコ・チュリス》 《ドープ "DBL" ボーダー》 《“罰怒“ブランド》 と4体のクリーチャーを一斉展開。

殴り順を先ほどのいかすみ同様吟味し、ババトゥリアンは 《“罰怒“ブランド》 のWブレイクからスタートするが……
DNA・スパーク
出鼻をくじかれる形になってしまうが、手札1枚を与えるだけにとどまる。有効札を引かれていなければ、展開次第によっては再攻撃のチャンスがあるかもしれない。

しかし、現実は非情。

《ダチッコ・チュリス》 《“罰怒“ブランド》 のコンビがババトゥリアンを襲い掛かり、いかすみがベスト8へとコマを進めることになった。

WINNER いかすみ
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top