デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦 中国エリア 1日目

中国エリアトップ5カード

8b4c6aaf 0f81 4511 8796 40fabe55de13
2日間に分けて行われる中国エリアの1日目は超スピードで駆け抜ける今年一の高速環境となった。

この記事ではその環境の中で印象に残った5枚を紹介したいと思う。

第5位: 《自然星人》
自然星人
《グレート・グラスパー》 デッキの同系対決では 《水上第九院 シャコガイル》 のエクストラウィン条件をどれだけ早く決定させるか、が重要になる。

このカードはその条件を達成する上でうってつけの条件を持っており、 《グレート・グラスパー》 の出す先を広げることにも一役買っている。

《グレート・グラスパー》 デッキで 《水上第九院 シャコガイル》 以外にデッキを減らすことができるカードは 《コレンココ・タンク》 等があげられるが、減らせる枚数が少なく、ターンをまたぐ必要があるが、 《自然星人》 にその心配はない。

《水上第九院 シャコガイル》 の特殊勝利条件は山札の最後の1枚を「引く」ことなので注意は必要だが、間違いなく速度勝負で勝てることができる、ミラー戦必須のカードだろう。

第4位: 《ジャジー・トランパー》
ジャジー・トランパー
限定構築でそこそこ亜種を見かける「3マナ・火文明・デメリット効果があるが効果範囲が大きい破壊トリガー」の一種。今回のデメリット効果は「自分のシールドを1つ、手札に加える」。

ビートダウン環境の今大会ではなかなか撃つ機会に恵まれなかったこのカードだが、役割としてはかなり大きい。

火文明入りの 《グレート・グラスパー》 デッキに採用されている 《ブロック・キング》 のパワーが射程圏内に入り、自分のクリーチャーのタップインを防げる。 《ブロック・キング》 に対してほぼ無力だった火単ビートジョッキーが、対抗策を得られるようになった。

また、先ほど自分のシールドを手札に加える効果をデメリット効果として説明したが、一概にそうとは言えない。 《福腹人形コダマンマ》 がそれを証明しているように、手札に変換することは速攻デッキではメリットとしても働くことが往々にしてあるのだ。

その速度から攻略が困難に思われているビートジョッキーだが、ビートジョッキーの使用者側もまた対策は怠っていないようだ。

第3位: 《爆殺!! 覇悪怒楽苦》
爆殺!! 覇悪怒楽苦
ここまでいぶし銀的なカードを紹介してきたが、第3位でようやく豪快なカードの登場だ。殿堂レギュレーションの構築でも見かけるこの呪文だが、このブロック構築でももちろんその力は折り紙付き。

9マナと順当にマナを払って唱えるにはコストが高すぎる呪文の為、基本的にはシールドからS・トリガー能力を使って唱えることが多いが、その破壊力の凄まじさはまさに暴力的。

2~4体のクリーチャーを一気に薙ぎ払い、一見過剰打点に見えるバトルゾーンもこのカードで解決してしまうことがあるのが恐ろしいところだ。

また、スーパー・S・トリガー能力で火文明のクリーチャーをデッキから呼び出す効果もブロック構築戦で活躍し、 《超Z級 ゲキシンオー》 をバトルゾーンに出してカウンターアタック、大逆転勝利という場面も見受けられた。

第2位: 《マスター・スパーク》
マスター・スパーク
決勝ラウンドの半数が火単ビートジョッキーを選択する中で、ゲームを一番左右したのはこのカードと言っても過言ではないだろう。

初期から脈々と受け継がれている「スパーク」シリーズだが、今年のブロック構築戦は 《DNA・スパーク》 《ノヴァルティ・アメイズ》 と種類は違えど多くのデッキに採用が見られている。

火単ビートジョッキーがこれらのカードを何枚、どのバランスで詰むか、それはデッキ製作者の意図や拘りが見えるポイントでもあるので、筆者は見ていて非常に興味深いと感じた。

シールドをゼロにしてしまわなければどれだけ並べてもたった1枚のトリガーで自分の攻撃がさえぎられるかもしれないが、こまめに攻撃を行うと今度は相手に手札を与えてしまうことになり反撃の機会を与えてしまうことになる。

今大会を非常に「デュエル・マスターズ」らしくした1枚だと感じた。

第1位: 《超Z級 ゲキシンオー》
超Z級 ゲキシンオー
数々のドラマティックなシーンを生み出したこのカードが1位となった。

《超特Q ダンガンオー》 を彷彿とさせる豪快なシールドブレイク能力により、強引に勝負を終盤に持っていく火入りジョーカーズのフィニッシャー。

今大会で第2位と第4位という大躍進を遂げた火入りジョーカーズの代表格であり、決勝戦の一瞬の逆転劇を見せてくれたこのカードが見事今大会のトップカードとなった。
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top