デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦 中国エリア 1日目

Round 4:ぎゃる男@vs はーしょ

7c595409 36bd 40fe 9b06 fcd522ce78d4
中国でのエリア予選が始まるとともに、俺フィーチャーの募集が始まると、恐るべきことが起こった。

全国津々浦々から、この男を推す声が続々とあがったのであった。

もはや、俺フィーチャーなのかアイツフィーチャーなのか概念が崩壊しかけているが、そんな現象を引き起こしてしまうくらいのプレイヤーなのだろう。

その男の名はぎゃる男@。

推しも推されぬぎゃる男@の対戦相手となったのは、はーしょ。

この二人はマッチアップがわかった瞬間に大きなリアクションを見せる。

それもその筈、後から聞けばこの二人は会場で唯一デッキリストをシェアしていたのであった。

ここまではお互い3連勝で1番卓の戦いとなったこの試合、アツい同型対決となることは間違いないだろう。

じゃんけんの結果、はーしょの先攻で試合が始まった。

同系対決待望の先手ながら、2連続マナチャージのみとなったはーしょに対して、まずは 《アッポー・チュリス》 召喚で一歩リードのぎゃる男@。

しかし、3ターン目にはきっちり 《ダチッコ・チュリス》 から 《ランド覇車 ガンブルマン》 という黄金パターンに繋げるはーしゅ。

ぎゃる男@の 《アッポー・チュリス》 《ランド覇車 ガンブルマン》 の攻撃に巻き込まれた後に、2枚のシールドがブレイクされる。

トリガーを引けなかったぎゃる男@だが、ここではきっちり 《ダチッコ・チュリス》 から 《“罰怒“ブランド》 に繋げる。
《“罰怒“ブランド》 《ランド覇車 ガンブルマン》 を踏み潰した後に 《ダチッコ・チュリス》 がはーしょのシールドをブレイク。

《ジャジー・トランパー》 のトリガーにより 《ダチッコ・チュリス》 は破壊され 《“罰怒“ブランド》 は自身のB・A・Dが維持できずに退場。

しかし、シールドの数は 《ジャジー・トランパー》 のトリガーにより同じ数になった。
マスター・スパーク DNA・スパーク
火文明のデッキながら限定構築戦のセオリーともいえる"スパーク"呪文の採用があるため、細かく攻撃することが要求される同系戦。

ぎゃる男@も当然それを理解しているようだ。

そして、盤面がまっさらになった後で先攻のはーしょに再び攻める番が来る。

しかし、ここでは 《DNA・スパーク》 をマナチャージするのみで力を溜める。

対するぎゃる男@もここでは 《ドープ "DBL" ボーダー》 を召喚するのみでターンを返す。

お互いに力を溜めるターンを挟んだとはいえ、ぎゃる男@は既に 《ドープ "DBL" ボーダー》 を携えている。
はーしょは覚悟して動き出す。

まずは 《一番隊 チュチュリス》 《アッポー・チュリス》 と召喚すると、すぐさま手札から 《“罰怒“ブランド》 をB・A・Dする。 

要求打点を揃えたはーちゅは 《アッポー・チュリス》 で攻撃、トリガーは無い。

《“罰怒“ブランド》 が残り2枚のシールドめがけて攻撃し、試合の行方はぎゃる男@の手に委ねられた。

2枚のトリガーを確認の後、ぎゃる男@はこの試合ではトリガーに1枚も巡り合うことのできないまま、はーしょのダイレクト・アタックを受け止めた。

Winner:はーしょ

試合終了後もしばらく悔しがっていたぎゃる男@だったが、席を離れる間際、はーしょに向けて激励の言葉を送った。

ぎゃる男@「全勝しろよ。」

この言葉以上に二人の関係性をはっきりと示すものは無いだろう。

このやり取りに、各地のプレイヤーに推されるぎゃる男@の魅力の一端を垣間見た。

そして、この言葉を胸にはーしょは、次の試合に臨む。

二人で作ったこの強さを証明するために。
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top