デュエル・マスターズ全国大会2017 エリア代表決定戦 中国エリア 1日目

権利獲得者インタビュー中国エリア1日目:鬼丸覇

B4238788 5f71 4658 ae56 a11983dfeb08
決勝トーナメント最大勢力はビートジョッキーとなった。

最大勢力のデッキを使い、最後まで勝ち抜いたのが、この鬼丸覇だった。

ここでは、ショートインタビューで、鬼丸覇の内面に迫る。

--「ますは、権利獲得おめでとうございます!」
鬼丸覇「ありがとうございます!」

--「色々聞きたいことはあるのですが、一番気になるのはそのハンドルネームですね。 《勝利宣言 鬼丸「覇」》 にちなんでなのでしょうか?」

鬼丸覇「それは、そうなのですが、友達が勝手につけたというか、なんというか。」

--「それでは、元々別々の名前を使っていたのですね。」

鬼丸覇「はい、その名前っていうのも、元々は友達が付けたものなのですが、元々は広島のプレイヤーなんですけど岡山の大会に出ることになって、そこで別のプレイヤーと名前被りが発生したのがきっかけで、友達にこの名前を付けられて、そのまま使うことになりました。」

--「複雑な経緯があったのですね。それではデュエル・マスターズにのめり込むようになったきっかけというのは、ありますか?」

鬼丸覇「近所にカードショップができたことが、きっかけですかね。そこで友達が増えて、みんなでCSに出て、そのまま今日のようなエリア予選にも出るようになって、周りと一緒に自然な流れでどんどんステップアップしてきた感じです。」

--「無理なく、周りと楽しくステップアップできるというのは理想ともいえるので、いい環境で遊べているのですね。

それでは次に、デッキについて聞いていきたいと思います。」
ラウド "NYZ" ノイジー
--「一番特徴的なのは 《ラウド "NYZ" ノイジー》 の不採用なのですが、これについて説明お願いします。」

鬼丸覇「僕のリストでは 《マスター・スパーク》 《DNA・スパーク》 が3枚ずつ採用されているのですが、トリガーは6枚ぴったりにしたいと決めていて、

その中で善し悪しの分かれる2種類の呪文の比率を同じにしました。しかし 《ラウド "NYZ" ノイジー》 は自分の盾を減らしてしまうので、

トリガーする機会が減ってしまうのが嫌で、不採用にしました。手札を増やしたいのであれば 《ボワー汽艦 ゴリンゴリ》 もいますし。」

--「シールドが減るデメリットは大きいですからね、今回のようなビートジョッキーが多い環境では特に影響がありそうですね。

それでは今回ビートジョッキーの活躍が目立つエリア戦だったということで、同系戦でのポイントがあれば是非とも教えてほしいです。」

鬼丸覇「一番大事なのは 《アッポー・チュリス》 から優先して出す、ということですね。手札を維持したまま展開できるのが攻めるデッキでは大事なので。

後はプレイ面に関してですかね。僕は普段、よくショップで子どもと対戦することが多いのですが、彼らはシールドを恐れずに攻撃してくるんですよ。

それが辛くて辛くて。なので今日はその辛さを体現するべく、積極的に攻撃するようにしました。」

--「シールドを恐れぬ子どもの勢いは確かに凄い恐怖ですよね。

同系戦では 《DNA・スパーク》 のようなトリガーは早い段階で踏んでおきたいので、序盤から果敢に攻撃するのはとても大事ですよね。

それでは最後に本戦への意気込みを一言お願いします。」
鬼丸覇「意気込みは特になく、大舞台であろうとも自分のペースを守って楽しんで取り組めれば、と思っています。

そこに結果が後からついてきたら、いいかな、といった感じで。」

仲間と共に楽しく遊んできたデュエル・マスターズ。

ステージが上がっても、そのスタンスは変わらずに鬼丸覇は日本一の舞台を楽しむのだろう。

気負わずに自分のデュエマを表現する彼の活躍を楽しみにしておこう!
レポート

ライター
ライターコラム

Page Top