この記事は、最新のスタンダード環境のアーキタイプ記事ではありません。
最新スタンダードのアーキタイプ記事はこちらから

青白英雄的とは?(スタンダードの青白ビートダウン)

Mana white Mana blue
英雄的とは、テーロスブロックのクリーチャーを強化するキーワード能力であり、
青白英雄的は、青白で組まれた、英雄的を活用した、ビートダウンデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
 
  1. 英雄的を持った低コストのクリーチャーを召喚する。
  2. 対象を取る呪文で英雄的をガンガン誘発させ、クリーチャーを育てて殴り切る。
  3. 育ったクリーチャーを強化呪文で対戦相手の除去から守る。

デッキのメリットは、対戦相手の対処が間に合わないほどに初動が速く、手数が多い点と、コンセプトが異質なものであるため、対策をとられにくい点です。
デッキのデメリットは、デッキの7割を土地と強化呪文が占めるため、手札事故を起こしやすい点です。

■主に使用されるカード

1.英雄的を持った低コストのクリーチャーを召喚する。

Favored Hoplite / 恩寵の重装歩兵 Battlewise Hoplite / 戦識の重装歩兵 Hero of Iroas / イロアスの英雄

2.対象を取る呪文で英雄的をガンガン誘発させ、クリーチャーを育てて殴り切る。

Ordeal of Thassa / タッサの試練 Defiant Strike / 果敢な一撃 Aqueous Form / 液態化

3.育ったクリーチャーを強化呪文で対戦相手の除去から守る。

Gods Willing / 神々の思し召し Center Soul / 魂の基点 Ajani's Presence / アジャニの存在

■有利なデッキ

青白英雄的は、低コストの妨害呪文を持たないデッキに有利です。
ウィップ系デッキや、緑信心系デッキ相手は酷い手札事故を起こさない限りはまず負けません。
また、赤単アグロ相手も手数の多さを苦にせず、ライフ回復カードや強化呪文で主導権を握りやすいため有利です。

シディシウィップ
緑単信心
赤単アグロ

■不利なデッキ

低コストの妨害呪文を多く保持する相手、特にサイズを無視する確定除去呪文とインスタント呪文を併用する相手を苦手としています。
《はじける破滅》 《忌呪の発動》 といった布告系の呪文を使用する相手との勝負は非常に苦しいものになります。
また、火力呪文に加えて、 《岩への繋ぎ止め》 《勇敢な姿勢》 《異端の輝き》 を擁する赤白ビートダウンは最悪の相手の一つです。

赤白ビートダウン
マルドゥビートダウン
アブザンコントロール

■青白英雄的対策のサイドボード

《忌呪の発動》
《勇敢な姿勢》
《引き裂く流弾》
《現実変容》

■主な派生デッキ

運命再編加入後は、突破力と奇襲性、そして何よりも速度を求めて 《ティムールの激闘》 のために赤をタッチした形が登場しました。
また、タルキール龍紀伝発売後は、 《ドロモカの命令》 のために緑をタッチした形が主流になりつつあります。

■主な俗称

赤白英雄的
青白赤英雄的(ジェスカイ英雄的)
青白緑英雄的(バント英雄的)
白青英雄的
青白英雄
青白オーラ

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top