この記事は、最新のスタンダード環境のアーキタイプ記事ではありません。
最新スタンダードのアーキタイプ記事はこちらから

エスパードラゴンとは?(スタンダードの青白黒コントロールデッキ)

Mana white Mana blue Mana black
エスパーとは、アラーラの断片ブロックに登場するエスパー次元を所縁とする、青白黒の色の組み合わせを示す単語であり、
エスパードラゴンは、少数のドラゴンと大量の妨害手段で構成された、通常青黒2色かエスパーカラーで構築される、コントロールデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
  1. 優秀な青と黒の呪文で、ゆったりしたゲームになるように盤面をコントロールする。
  2. ドラゴンとシナジーを持った呪文も利用して、効率よく対戦相手の行動を妨害する。
  3. 強力なドラゴンで戦場を制圧して、妨害呪文に疲弊した対戦相手のライフを削り落とす。

エスパードラゴンの特長は、スタンダード屈指のパワーカード 《時を越えた探索》 《龍王オジュタイ》 をほぼ最大効率で使えることによるデッキパワーの高さと、デッキの大半が呪文カードであり、数少ないクリーチャーも除去耐性を保持していることにより、対戦相手の除去カードを腐らせやすいというコントロールデッキ故の構造上の強さです。

キーカードは 《龍王オジュタイ》 《シルムガルの嘲笑》 《時を越えた探索》 の3枚です。
攻守両方の軸となる 《龍王オジュタイ》 と、それを支える現代に蘇った 《対抗呪文》 こと 《シルムガルの嘲笑》 、対戦相手との攻防で失った手札を補充する 《時を越えた探索》 は三枚でデッキの戦法を体現しているエスパードラゴン三本柱です。

また、エスパードラゴンには、青白黒の三色ではなく青黒二色や青白二色で構築されたものもありますが、便宜上それらのデッキもエスパードラゴンに分類しています。ご了承ください。

■主に使用されるカード

1.優秀な青と黒の呪文で、ゆったりしたゲームになるように盤面をコントロールする。

Clash of Wills / 意思の激突 Grasp of Darkness / 闇の掌握 Dig Through Time / 時を越えた探索

2.ドラゴンとシナジーを持った呪文も利用して、効率よく対戦相手の行動を妨害する。

Silumgar's Scorn / シルムガルの嘲笑 Foul-Tongue Invocation / 忌呪の発動 Crux of Fate / 命運の核心

3.強力なドラゴンで戦場を制圧して、妨害呪文に疲弊した対戦相手のライフを削り落とす。

Jace, Vryn's Prodigy / ヴリンの神童、ジェイス Dragonlord Ojutai / 龍王オジュタイ Silumgar, the Drifting Death / 漂う死、シルムガル

■有利なデッキ

エスパードラゴンは、一対一のカード交換が有効である、素直なデッキに有利です。
《龍王オジュタイ》 の対処手段に欠け、打ち消し呪文や除去呪文が有効にはたらくエルドラージビートダウンや赤黒ドラゴンのようなデッキを相手取るのが特に得意です。
また、妨害手段が豊富であり、 《龍王オジュタイ》 への干渉手段に欠ける4Cラリー相手も有利に戦えます。

4Cラリー
赤黒ビートダウン
エルドラージビートダウン
ティムール

■不利なデッキ

エスパードラゴンは、妨害呪文を掻い潜って脅威を盤面に残してくるデッキが苦手です。
特に 《死霧の猛禽》 《棲み家の防御者》 を苦手としており、これらを採用しているデッキ相手のゲームは 《龍王オジュタイ》 頼りの辛い戦いになり易いです。
また、 《龍王オジュタイ》 に容易に干渉できる 《はじける破滅》 が苦手であるため、ジェスカイやマルドゥなど赤白黒を含むデッキがやや苦手です。
 

■エスパードラゴン対策のサイドボード

《進化の飛躍》
《見えざるものの熟達》
《軽蔑的な一撃》
《自傷疵》
《強迫》

■主な俗称・類似デッキ

エスパードラゴン
オジュタイコントロール
青黒ドラゴン
青白ドラゴン
青白オジュタイ

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top