この記事は、最新のスタンダード環境のアーキタイプ記事ではありません。
最新スタンダードのアーキタイプ記事はこちらから

アブザンとは?(スタンダードの白黒緑グッドスタッフデッキ)

Mana white Mana black Mana green
アブザンとは、タルキールブロックに存在する白黒緑の氏族であり、
アブザン(デッキ名)は、アブザン氏族の色を持った、ビートダウンとコントロールのハイブリッドデッキです。

アブザンの特長は、攻守に優れたクリーチャーと対応力のある呪文群、強力なプレインズウォーカーにより、序盤から終盤まで隙がなく、相手を選ばずに戦えることです。

キーカードは 《包囲サイ》
攻勢時も守勢時も有用な高いパワータフネスとドレイン能力により、ビートダウン相手のダメージレースを優位に進めることを可能にし、コントロール相手も無視できないプレッシャーとして安定した活躍を見せます。また、複数枚プレイした時のライフ差の開き方は理不尽そのものです。

また、アブザンにはアブザンアグロと、アブザンコントロールの二つのタイプが存在しています。

■主に使用されるカード

1.攻守に優れたクリーチャーで、緩急あるビートダウンを実現する。

Sylvan Advocate / 森の代言者 Anafenza, the Foremost / 先頭に立つもの、アナフェンザ Siege Rhino / 包囲サイ

2.優秀な除去呪文で、ピンポイントで相手の脅威を戦場から叩き出す。

Silkwrap / 絹包み Abzan Charm / アブザンの魔除け Murderous Cut / 残忍な切断

3.環境屈指のプレインズウォーカー陣で、対戦相手とのアドバンテージ差を広げる。

Nissa, Voice of Zendikar / ゼンディカーの代弁者、ニッサ Gideon, Ally of Zendikar / ゼンディカーの同盟者、ギデオン Sorin, Solemn Visitor / 真面目な訪問者、ソリン

■アーキタイプの近況

豊富な特殊地形により多色化が容易な環境であるため、青をタッチして 《反射魔道士》 を投入したり、赤をタッチして 《はじける破滅》 を投入するといった構築がしばしば見られます。
四色目を採用する場合はマナサポートの 《ニッサの誓い》 や、追加の 《包囲サイ》 の役目をこなす 《放浪する森林》 が採用されることが多いです。
また、『ゲートウォッチの誓い』から序盤から終盤まではたらく優秀なクリーチャーの 《森の代言者》 がデッキに加わりました。
Sylvan Advocate / 森の代言者
《乱脈な気孔》 とも良シナジーを形成!

■アーキタイプ内での分岐


序盤戦から中盤戦にかけてが得意なアブザンアグロについて知りたい方はこちらへ

中盤戦から後半戦にかけてが得意なアブザンコントロールについて知りたい方はこちらへ

 

■アブザンアグロとは




Warden of the First Tree / 始まりの木の管理人 Wingmate Roc / 風番いのロック Dromoka's Command / ドロモカの命令

アブザンアグロはアブザンの中でもビートダウンに特化したタイプのデッキを指します。
《始まりの木の管理人》 《森の代言者》 などの低マナクリーチャーから、3ターン目の 《先頭に立つもの、アナフェンザ》 《死霧の猛禽》 に繋げ、序盤からビートダウンを行うことで対戦相手に強いプレッシャーをかけることが可能です。
クリーチャーを豊富に採用することで、 《ドロモカの命令》 を強く使うことができているのはアブザンアグロの大きなメリットです。

■アブザンアグロが有利な相手と不利な相手

序盤からプレッシャーをかけることで相手の自由を許さず、カードパワーの高さ故に全てのカードを対処することを相手に強いるため、同速度のデッキ、いわゆるミッドレンジ全般に有利です。
また、ダメージレースの鬼である 《包囲サイ》 を保有し、サイドボード後には受けに特化することも可能であるため、自分よりも速いビートダウン相手にも概ね有利です。

自分よりもカードパワーが一回り高い緑のマナランプ系デッキや、呪文を豊富に搭載した 《僧院の導師》 デッキをやや苦手としていますが、サイドボードに手札破壊呪文などの対策カードを擁することもあり、相性は微不利の範疇に収まっています。

 

■アブザンコントロールとは




Languish / 衰滅 Ob Nixilis Reignited / 灯の再覚醒、オブ・ニクシリス Dragonlord Dromoka / 龍王ドロモカ

アブザンコントロールはアブザンの中でもコントロールに特化したタイプのデッキを指します。
《衰滅》 《命運の核心》 などの全体除去を採用することで、ビートダウンデッキに耐性をつけるともに、プレインズウォーカーによるコントロール戦略を補強しています。
また、豊富に採用した除去呪文により長期戦に持ち込むことが容易であるため、 《龍王ドロモカ》 などの高コストの超強力カードを採用する構築が可能になっており、アブザンの中でも一段高いデッキパワーを持つデッキに仕上がっています。

■アブザンコントロールが有利な相手と不利な相手

メインボードから 《包囲サイ》 《衰滅》 など強力な防御手段を揃えており、サイド後にはより防御に特化した形をとれるアブザンコントロールは環境屈指の防御力を持つデッキの一つであり、ビートダウン全般に有利です。
また、アブザンが誇るカードパワーの高さと、 《棲み家の防御者》 や各種プレインズウォーカーによる粘り強い攻めを長所として持つため、ミッドレンジやコントロールの相手をするのも得意です。

防御面の軸が4ターン目に置かれているため、先手4ターン目勝利を狙う上陸ビートダウンのような、著しく速いデッキ相手に不利です。
また、ドロー能力に欠けるため、 《時を越えた探索》 を擁する青系コントロールデッキ相手は手札差をつけられて負けることが多く、やや不利です。
 

■主な俗称・類似デッキ

アブザン
アブザンビートダウン
アブザンアグロ
アブザンコントロール
アブザン大変異
ハンガーバック・アブザン
アブザンミッドレンジ
アブザンジャンク
アブコン
アブザンブルー/ブルーアブザン
アブザンレッド/マルザン

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top