この記事は、最新のスタンダード環境のアーキタイプ記事ではありません。
最新スタンダードのアーキタイプ記事はこちらから

赤単ビートダウンとは?(スタンダードの準赤単ビートダウンデッキ)

Mana red
赤単ビートダウンは、読んで字のごとく赤のクリーチャーと火力呪文により構成されたビートダウンデッキです。
赤単ビートダウンの特長は、警戒の薄いデッキを容易く粉砕する環境最高クラスのスピードと、火力呪文で最後の数点のライフを削り切ることができる押し込み力の高さです。

キーカードは 《僧院の速槍》 《ティムールの激闘》
赤単ビートダウンは低コストで高い攻撃力を持ったクリーチャー群と、効率のよいダメージ呪文群で構成されるいわば金太郎飴のようなデッキであるため、キーカードのようなものは存在しませんが、あえて選ぶならそれぞれのエースである上記二枚となります。
特に後者の 《ティムールの激闘》 は、果敢や 《タイタンの力》 《強大化》 などとの組み合わせで爆発的なダメージを稼ぎだすことが可能であり、決定打となることが多い強力な一枚です。

また、赤単ビートダウンにはアタルカレッド赤単トークンを主として、赤単ミッドレンジ赤無色ビートダウン赤単ゴブリンなど様々なタイプが存在しています。

■主に使用されるカード

1.赤に用意された豊富な1マナクリーチャーで環境最速のスタートをきる。

Monastery Swiftspear / 僧院の速槍 Zurgo Bellstriker / 鐘突きのズルゴ Lightning Berserker / 稲妻の狂戦士

2.後続の低マナ圏クリーチャーで対戦相手に息をつく間を与えない。

Abbot of Keral Keep / ケラル砦の修道院長 Makindi Sliderunner / マキンディの滑り駆け Reckless Bushwhacker / 無謀な奇襲隊

3.除去を兼任する火力呪文で相手のライフを削り切る。

Wild Slash / 乱撃斬 Atarka's Command / アタルカの命令 Temur Battle Rage / ティムールの激闘

■アーキタイプ内での分岐


強力ダメージ呪文 《アタルカの命令》 を軸に戦うアタルカレッドについて知りたい方はこちらへ

赤のトークン戦略と全体強化のシナジーを突き詰めた赤単トークンについて知りたい方はこちらへ

《雷破の執政》 などの中堅クリーチャーでじっくり攻めるタイプの赤単ミッドレンジについて知りたい方はこちらへ

アーティファクトと欠色のシナジーを取り込んだ赤無色ビートダウンについて知りたい方はこちらへ

《ゴブリンの群衆追い》 で強烈な一撃を叩き込む赤単ゴブリンについて知りたい方はこちらへ

■アタルカレッドとは




Atarka's Command / アタルカの命令 Dragon Fodder / ドラゴンの餌 Hordeling Outburst / 軍族童の突発

アタルカレッドは、赤単ビートダウンの中でも 《アタルカの命令》 のために緑をタッチして構築されたオーソドックスなタイプのデッキを指します。
1マナのクリーチャーから 《ドラゴンの餌》 《軍族童の突発》 といったトークン生成カードに繋げて、最後に 《アタルカの命令》 を本体火力と全体強化のモードでプレイすることで、2マナの呪文とは思えないダメージを叩き出すことができます。
追加の緑のカードとして 《ティムールの激闘》 と相性が良く単体でも強力なダメージソースとなる 《強大化》 や、マナカーブを埋めるのに便利な 《棲み家の防御者》 が採用されます。
赤単ビートダウンの中でも序盤の爆発力はピカ一ですが、中盤以降の弱さも同様に突出しているのが悩みの種です。

■赤単トークンとは




Pia and Kiran Nalaar / ピア・ナラーとキラン・ナラー Nissa, Voice of Zendikar / ゼンディカーの代弁者、ニッサ Outnumber / 多勢

赤単トークンは、アタルカレッドを源流とし、さらに横並べ戦略に特化したタイプのデッキを指します。
アタルカレッドでも採用される 《ドラゴンの餌》 に加えて、 《飛行機械技師》 《ピア・ナラーとキラン・ナラー》 などで全力で横にクリーチャーを展開したのちに、 《ゼンディカーの代弁者、ニッサ》 《アタルカの命令》 の全体強化で一気にダメージを叩き込んで勝利します。
他の赤単ビートダウンデッキよりも大振りなデッキですが、トークン戦略のおかげで消耗戦に強く一撃の重さもあるためアタルカレッド同様に人気があるデッキタイプです。

■赤単ミッドレンジとは




Flamewake Phoenix / 炎跡のフェニックス Thunderbreak Regent / 雷破の執政 Ashcloud Phoenix / 灰雲のフェニックス

赤単ミッドレンジは、赤単ビートダウンの中でも3マナから5マナまでのミッドレンジのクリーチャーを多めに採用したタイプのデッキを指します。
《龍を操る者》 《炎跡のフェニックス》 から、 《雷破の執政》 《ピア・ナラーとキラン・ナラー》 に繋げていく動きは、一癖も二癖もあるため対処が難しく、赤単ビートダウンの攻撃力を持ちながらも赤らしくないシャープな攻めが可能なデッキになっています。
《雷破の執政》 を無理なく採用できるため、条件さえ満たせれば環境最高の火力の一枚である 《龍詞の咆哮》 もセットで採用可能と、デッキの低コスト部分のカードパワーも高くなるのがミッドレンジの嬉しいところです。
赤単ミッドレンジは、他の赤単ビートダウンよりも除去やブロッカーを主としたデッキに耐性がありますが、スピードを減じてしまっているため緑のマナランプデッキのようなゆったりしたデッキに対しての相性が悪化しています。

■赤無色ビートダウンとは




Hangarback Walker / 搭載歩行機械 Pia and Kiran Nalaar / ピア・ナラーとキラン・ナラー Ghostfire Blade / 幽霊火の刃

赤茶単ビートダウンは、アーティファクトや無色のシナジーを重視した赤単ビートダウンの中でも一風変わったタイプのデッキを指します。
ローテーションの変化により切り札の 《爆片破》 こそ失ってしまったものの、 《搭載歩行機械》 《飛行機械技師》 《ピア・ナラーとキラン・ナラー》 の流れを 《幽霊火の刃》 で後押しする動きは依然として強力です。
戦乱のゼンディカーブロックの欠色とのシナジーが存在するため、成長の余地が大きく残されているアーキタイプです。

このタイプの赤単ビートダウンデッキは赤単型のエルドラージビートダウンとして分類されることも多いため、そちらのページも併せてご覧ください。
【エルドラージビートダウンとは?】

■赤単ゴブリンとは




Goblin Glory Chaser / ゴブリンの栄光追い Goblin Piledriver / ゴブリンの群衆追い Goblin Heelcutter / ゴブリンの踵裂き

赤単ゴブリンは、赤単ビートダウンの中でも 《ゴブリンの群衆追い》 を採用してクリーチャーをゴブリンで固めたタイプのデッキを指します。
《ゴブリンの群衆追い》 の爆発力、赤の定番 《ドラゴンの餌》 《軍族童の突発》 の横並べ、 《マルドゥの斥候》 《ゴブリンの踵裂き》 の疾駆と多角的な攻めができるのが強みです。 シナジーを重視されて構築されたデッキであるため、他の赤単ビートダウンに比べて単体カードパワーに難があるのが欠点です。

■主な俗称・類似デッキ

赤単/レッドデックウィンズ/赤単ビートダウン/赤単アグロ/赤単スライ/赤単テンポ/赤単バーン/赤ビート
赤単ミッドレンジ/赤単コントロール
アタルカレッド/赤緑ビートダウン/赤単タッチ緑ビートダウン
赤茶単/赤単ハンガーバック/赤単欠色
赤単ラッパの一吹き/ラッパビート
赤単ゴブリン

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top