機体ビートダウンとは?(スタンダードの赤白黒ビートダウンデッキ)

Mana white Mana black Mana red
機体とは、『カラデシュ』ブロックで登場したクリーチャー化するアーティファクトが持つキーワードであり、機体ビートダウンとは、一般的に白赤黒の三色から構築される、アーティファクトシナジーを戦略の軸にしたビートダウンデッキです。

Toolcraft Exemplar / 模範的な造り手 Heart of Kiran / キランの真意号 Unlicensed Disintegration / 無許可の分解

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
  1. アーティファクトシナジーを活用した低コスト高打点生物で素早く攻める。
  2. コストパフォーマンスが良好な機体で効率よくダメージを稼ぐ。
  3. 赤と黒の直接ダメージ呪文で残ったライフを削りきって勝利する。

機体ビートダウンの特長は、速度と粘り強さを両立したビートダウンと強力な除去呪文です。

機体ビートダウンは、破格の一マナパワー3の 《模範的な造り手》 と二マナパワー4の 《キランの真意号》 を中心に低コストに打点の高いカードが揃っているため速度に優れ、 《歩行バリスタ》 《屑鉄場のたかり屋》 《ピア・ナラー》 などの融通の利くカードも多くふくまれているため、序盤だけで終わらずに安定して持続的に攻め続けることができます。また、アーティファクトシナジーを活用することで環境最高峰の除去である 《無許可の分解》 を使えることもデッキの大きな強みです。

Duress / 強迫 Captain Lannery Storm / 風雲船長ラネリー Huatli, Warrior Poet / 戦場の詩人、ファートリ ローテーションにより、デッキの安定性を支えていた 《スレイベンの検査官》 とパワーカードの 《大天使アヴァシン》 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》 を失ってしまった穴が大きいため、デッキの再構築を余儀なくされている状態であり、『イクサラン』のカードをどのように取り込んで環境に復帰するかに注目が集まっています。

主に使用されるカード

1.低コストクリーチャーでスタートダッシュを決める。


Toolcraft Exemplar / 模範的な造り手 Inventor's Apprentice / 発明者の見習い Bomat Courier / ボーマットの急使

2.クリーチャーを毎ターン召喚して相手に余裕を与えない。


Veteran Motorist / 経験豊富な操縦者 Scrapheap Scrounger / 屑鉄場のたかり屋 Glory-Bound Initiate / 栄光半ばの修練者
Pia Nalaar / ピア・ナラー Ahn-Crop Crasher / アン一門の壊し屋 Walking Ballista / 歩行バリスタ

3.高パワーの機体で素早く対戦相手のライフを削る。


Heart of Kiran / キランの真意号 Cultivator's Caravan / 耕作者の荷馬車 Aethersphere Harvester / 霊気圏の収集艇

4.決定力の高いフィニッシャーで対戦相手にとどめを刺す。


Glorybringer / 栄光をもたらすもの Hazoret the Fervent / 熱烈の神ハゾレト Skysovereign, Consul Flagship / 領事の旗艦、スカイソブリン

5.除去呪文で相手の防御を切り崩して勝利に繋ぐ。


Fatal Push / 致命的な一押し Lightning Strike / 稲妻の一撃 Unlicensed Disintegration / 無許可の分解

機体ビートダウン対策のサイドボード

《造反者の解放》
《刻み角》
《削剥》
《グレムリン解放》
《領事の旗艦、スカイソブリン》
《霊気溶融》

■主な俗称・類似デッキ

赤白機体/赤白機体ビートダウン/赤白人間機体ビートダウン/赤白機体アグロ
白赤機体/白赤機体ビートダウン/白赤人間機体ビートダウン/白赤機体アグロ
緑白機体/緑白機体ビートダウン
マルドゥ機体ビートダウン/マルドゥ機体/赤白黒機体/赤白黒機体ビートダウン/マルドゥアグロ
エスパー機体ビートダウン/エスパー機体/青白黒機体/青白黒機体ビートダウン/青白機体/白青機体
赤単機体/赤単機体ビートダウン
四色機体/四色機体ビートダウン

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top