即席コントロールとは?(スタンダードのコントロールデッキ)

Mana blue Mana black
即席とは、『霊気紛争』で登場した、アーティファクトを用いてコスト軽減を行うキーワード能力を指しており、
即席コントロールは、通常黒または青を軸にして構築される、アーティファクトと即席を軸にしたコントロールデッキです。

Metallic Rebuke / 金属の叱責 Herald of Anguish / 艱苦の伝令 Tezzeret the Schemer / 策謀家テゼレット

即席コントロールの特長は、中盤の手数の多さと 《艱苦の伝令》 の制圧力です。

即席は僅かなマナで強力な効果を発揮することを可能とする能力であるため、普通の呪文と組み合わせることで中盤に複数回行動をとりやすいのが強みです。
また、即席コントロールは即席をコンセプトに据える都合上アーティファクトを豊富に採用する構成をとるため、『霊気紛争』で登場した 《艱苦の伝令》 《策謀家テゼレット》 の二種の強力な神話レアを最大スペックで活かすことが可能となっており、高いコントロール能力を持ちます。

主に使用されるカード

1.低コストのアーティファクトを並べて、即席の下ごしらえをおこなう。


Servo Schematic / 霊気装置の設計図 Prophetic Prism / 予言のプリズム Pilgrim's Eye / 巡礼者の目
Heart of Kiran / キランの真意号 Aethersphere Harvester / 霊気圏の収集艇 Walking Ballista / 歩行バリスタ

2.即席呪文でテンポよくアドバンテージを稼ぐ。


Metallic Rebuke / 金属の叱責 Reverse Engineer / 解析調査 Battle at the Bridge / 橋上の戦い

3.普通の呪文も併用して効率よくゲームをコントロールする。


Negate / 否認 Disallow / 不許可 Glimmer of Genius / 天才の片鱗
Fatal Push / 致命的な一押し Grasp of Darkness / 闇の掌握 Yahenni's Expertise / ヤヘンニの巧技

4.強力なパーマネントでゲームを支配して勝利する。


Tezzeret the Schemer / 策謀家テゼレット Torrential Gearhulk / 奔流の機械巨人 Herald of Anguish / 艱苦の伝令

主な俗称・類似デッキ

青黒テゼレット
青黒即席コントロール
アブザン即席コントロール
三色即席コントロール

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top