赤黒ビートダウンとは?(スタンダードの赤黒のビートダウンデッキ)

Mana black Mana red
赤黒ビートダウンは、通常赤黒二色で構築される、ビートダウンデッキです。
前のめりな構成をとることから『赤黒アグロ』、手札を捨てるシナジーを多用することから『赤黒マッドネス』などと呼ばれることもあります。

Scrapheap Scrounger / 屑鉄場のたかり屋 Bloodhall Priest / 血の間の僧侶 Unlicensed Disintegration / 無許可の分解

赤黒ビートダウンの特長は、速度と持続力を両立したビートダウン能力とライフを削る能力の高さです。

赤黒ビートダウンは、一ターン目からクリーチャーを展開しつつ、 《ボーマットの急使》 《街の鍵》 の手札入れ替え能力や、 《屑鉄場のたかり屋》 の蘇生能力により後続を補充して戦えるため、序盤から鋭く攻めつつ中盤を息切れすることなく戦いきることができます。
さらに、 《ピア・ナラー》 《街の鍵》 のブロック阻害能力や、 《癇しゃく》 《無許可の分解》 などの火力呪文といった直接ライフを削るカードを多く使えるため、一桁まで削ったライフをゼロまできちんと削りきることに長けており、相手の逆転を許さないデッキ構成が強みとなっています。

2017年1月9日の禁止改定により、デッキのキーパーツであった 《密輸人の回転翼機》 が禁止カードに指定されたため、マッドネスとアーティファクトシナジーを両立させた構成を維持できるか否かに関心が集まっています。

また、より手札捨てと墓地のシナジーに特化して 《秘蔵の縫合体》 を使用する『赤黒ゾンビ』が亜種として環境に存在しています。  →赤黒ゾンビについて

主に使用されるカード

1.序盤からクリーチャーを展開して、シナジーを利用しつつビートダウンする。


Insolent Neonate / 傲慢な新生子 Inventor's Apprentice / 発明者の見習い Bomat Courier / ボーマットの急使 Hope of Ghirapur / ギラプールの希望 Scrapheap Scrounger / 屑鉄場のたかり屋 Kari Zev, Skyship Raider / 航空船を強襲する者、カーリ・ゼヴ Pia Nalaar / ピア・ナラー Weldfast Engineer / 速接会の技師 Bloodhall Priest / 血の間の僧侶

2.除去呪文でブロッカーを排除してビートダウンを続行する。


Lightning Axe / 稲妻の斧 Fatal Push / 致命的な一押し Unlicensed Disintegration / 無許可の分解

3.火力呪文やブロック阻害カードで押し込んで、相手のライフを削りきって勝利する。


Key to the City / 街の鍵 Fiery Temper / 癇しゃく Alms of the Vein / 血管の施し

■主な俗称・類似デッキ

黒赤ビートダウン
赤黒アグロ/黒赤アグロ
赤黒マッドネス/黒赤マッドネス
グリクシスマッドネス/赤黒青マッドネス
赤黒ゾンビ/黒赤ゾンビ

■赤黒ゾンビとは




Prized Amalgam / 秘蔵の縫合体 Haunted Dead / 憑依された死体 Voldaren Pariah / ヴォルダーレンの下層民

赤黒ゾンビは、赤の手札入れ替えカードと黒の墓地利用カードを組み合わせて構築されるシナジー重視のビートダウンデッキです。

手札からクリーチャーを並べて攻める一般的な赤黒ビートダウンとは違い、手札から直接墓地に送り込んだ 《秘蔵の縫合体》 《憑依された死体》 などのゾンビを蘇生して盤面を作る戦法を取るのが特徴です。

一般的な赤黒ビートダウンと比較すると、安定性と速度を減じてしまったことで霊気池の驚異コンボタコミッドレンジといったコンボ要素の強いデッキへの相性は悪化してしまっているものの、 《秘蔵の縫合体》 《ヴォルダーレンの下層民》 の爆発力があり、長期戦に耐えうる構成になっているため、奔流の機械巨人コントロールのようなコントロールデッキや、白青ビートダウン赤白機体のようなビートダウンデッキへの相性が改善されています。

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top