奔流の機械巨人コントロールとは?(スタンダードの青+αコントロールデッキ)

Mana blue
奔流の機械巨人とは、『カラデシュ』に収録されている神話レアの 《奔流の機械巨人》 のことであり、
奔流の機械巨人コントロールは、青を中心に任意の二色から四色で構築される、パーマネントでない呪文によるコントロールを軸としたコントロールデッキです。

Torrential Gearhulk / 奔流の機械巨人 Disallow / 不許可 Glimmer of Genius / 天才の片鱗

奔流の機械巨人コントロールの特長は、非常に高い対処力です。

勝ち手段を最低限に絞り、デッキの大部分を打ち消し呪文と除去呪文に充てることによって、相手の勝ち手段を全て対処することすらも可能としているのが奔流の機械巨人コントロールというデッキです。
優秀な手札操作呪文である 《予期》 《天才の片鱗》 、環境に適した打ち消し呪文の 《不許可》 、隙の無い強力フィニッシャーの 《奔流の機械巨人》 と青いコントロールデッキの三本柱が環境に揃ったことで久々に環境に登場した青のヘビーコントロールデッキです。

『霊気紛争』発売後のスタンダードでは、強力なエンジンである 《電招の塔》 を中軸に据えた『ティムール電招の塔』が派生デッキとして登場しています。
→ティムール電招の塔とは

主に使用されるカード

1.低コストの除去呪文で相手のクリーチャーを除去する。


Magma Spray / マグマのしぶき Harnessed Lightning / 蓄霊稲妻 Immolating Glare / 鑽火の輝き
Cast Out / 排斥 Fatal Push / 致命的な一押し Commit // Memory / 暗記 // 記憶
 

2.全体除去呪文や打ち消し呪文で相手の勝ち手段を効率よく奪い去る。


Sweltering Suns / 焼けつく双陽 Fumigate / 燻蒸 Censor / 検閲
Negate / 否認 Essence Scatter / 本質の散乱 Disallow / 不許可
 

3.ドロー操作呪文で手数を補充して優位に立つ。


Hieroglyphic Illumination / ヒエログリフの輝き Glimmer of Genius / 天才の片鱗 Pull from Tomorrow / 明日からの引き寄せ
 

4.プレインズウォーカーなどのパーマネントでゲームの支配を強める。


Jace, Unraveler of Secrets / 秘密の解明者、ジェイス Dovin Baan / ドビン・バーン Nahiri, the Harbinger / 先駆ける者、ナヒリ
Thing in the Ice / 氷の中の存在 Dynavolt Tower / 電招の塔 Metallurgic Summonings / 機械医学的召喚
 

5.フィニッシャーで息切れした対戦相手にとどめをさす。


Torrential Gearhulk / 奔流の機械巨人 Wandering Fumarole / さまよう噴気孔 Archangel Avacyn / 大天使アヴァシン

有利なデッキと不利なデッキ

奔流の機械巨人コントロールは、勝ち手段の薄いデッキに有利です。
霊気池の驚異コンボのような緩やかな速度のデッキ相手は余裕をもったコントロールが行えるため、相性がいいです。
また 《天才の片鱗》 《奔流の機械巨人》 の組み合わせにより消耗戦に強いため、緑黒ビートダウンのようなミッドレンジデッキ気味のビートダウンデッキ相手の戦いも得意としています。

奔流の機械巨人コントロールは、対処の難しいパーマネントを豊富に擁するデッキに不利です。
《秘蔵の縫合体》 《憑依された死体》 などで手数のつきない墓地利用型タコミッドレンジ相手は苦しい戦いを強いられます。
また、対処の追いつかない早すぎるビートダウンや、対処手段の限られる 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》 のような攻撃的なプレインズウォーカーを苦手としており、両方の条件を満たす機体ビートダウン相手は押し切られて負けてしまうことが少なくありません。

奔流の機械巨人コントロール対策のサイドボード

《不屈の追跡者》
《造命師の動物記》
《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》
《熱病の幻視》
《精神背信》

主な俗称・類似デッキ

グリクシスコントロール/青黒赤コントロール/ヤソコン
ジェスカイコントロール/トリコロールコントロール/青白赤コントロール
青赤コントロール/青赤呪文コントロール/青赤電招の塔コントロール
エスパーコントロール/青白黒コントロール/エスパーコン
青白コントロール/白青コントロール
青黒コントロール
電招の塔コントロール/ティムール電招の塔


ティムール電招の塔とは




Shielded Aether Thief / 守られた霊気泥棒 Dynavolt Tower / 電招の塔 Glimmer of Genius / 天才の片鱗

ティムール電招の塔とは、繰り返し使える火力である 《電招の塔》 と優秀なエネルギー関連カードを中心に、青赤緑の三色で構築される奔流の機械巨人コントロールの派生デッキです。

打ち消し呪文や 《電招の塔》 の起動型能力など豊富なインスタントタイミングの妨害手段を擁するため、ソーサリータイミングでの行動を主体とするミッドレンジのデッキに有利である強みを持っており、 《電招の塔》 が本体火力としても機能するため、奔流の機械巨人コントロールが苦手としてきた 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》 などのプレインズウォーカーへの耐性を手に入れることにも成功しています。

しかしその一方で、アーティファクトへの依存度が高まったことによるアーティファクト除去呪文への耐性の低下、デッキ内の妨害手段の比率が下がったことによる霊気池の驚異コンボのような強力なアクションを持つデッキに対する相性の悪化など、従来の奔流の機械巨人コントロールと比較した場合の弱点も存在しています。

主に使用されるカード

1.低コストの呪文でエネルギーを貯めたり手札を整えたりしながら相手の序盤の攻勢を捌く。


Attune with Aether / 霊気との調和 Anticipate / 予期 Rogue Refiner / ならず者の精製屋 Magma Spray / マグマのしぶき Harnessed Lightning / 蓄霊稲妻 Kozilek's Return / コジレックの帰還

2.打ち消し呪文で相手のキーカードをしりぞけて耐え凌ぐ。


Disallow / 不許可 Negate / 否認 Essence Scatter / 本質の散乱

3.集まったエネルギーをアドバンテージに変換して手数で相手を圧倒する。


Shielded Aether Thief / 守られた霊気泥棒 Dynavolt Tower / 電招の塔

4.奔流の機械巨人コントロールの黄金コンビで長期戦を制する。


Glimmer of Genius / 天才の片鱗 Torrential Gearhulk / 奔流の機械巨人

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top