機体ビートダウンとは?(スタンダードのビートダウンデッキ)

Mana white Mana red
機体とは、『カラデシュ』ブロックで登場したクリーチャーするアーティファクトが持つキーワードであり、
機体ビートダウンとは、機体を戦略に組み込んで構築される、ビートダウンデッキです。

Heart of Kiran / キランの真意号 Aethersphere Harvester / 霊気圏の収集艇 Skysovereign, Consul Flagship / 領事の旗艦、スカイソブリン

2017年初頭のスタンダード環境では『赤白機体ビートダウン』と『四色機体ビートダウン』が主に活躍しており、両者の中間に位置する『マルドゥ機体』も環境に存在しています。

→赤白機体ビートダウンとは
→四色機体ビートダウンとは

2017年1月9日の禁止改定で機体の代名詞とも言えた 《密輸人の回転翼機》 が禁止カードに指定されたことにより、機体ビートダウンはデッキの弱体化を余儀なくされました。
しかし、時を同じくして『霊気紛争』で登場した 《キランの真意号》 《密輸人の回転翼機》 の抜けた穴に綺麗に当てはまる一枚だったため、次期環境でも機体ビートダウンはビートダウンデッキの雄として有力視されています。

■赤白機体ビートダウンとは




Toolcraft Exemplar / 模範的な造り手 Veteran Motorist / 経験豊富な操縦者 Depala, Pilot Exemplar / 模範操縦士、デパラ

赤白機体ビートダウンは一般的に一ターン目の 《模範的な造り手》 から二ターン目の 《キランの真意号》 に繋げるロケットスタートを軸に構築されるデッキです。
《経験豊富な操縦者》 《模範操縦士、デパラ》 といった機体に関連した能力を持つクリーチャーと、 《霊気圏の収集艇》 《領事の旗艦、スカイソブリン》 といった優れたサイズの機体を組み合わせることで実現した骨太なビートダウンが特長です。

また、赤白ビートダウンには 《キランの真意号》 《霊気圏の収集艇》 《領事の旗艦、スカイソブリン》 と飛行を持つ機体が揃っています。
これにより相手の地上のブロッカーやソーサリータイミングの除去を半ば無視して、強引なビートダウンを行うことができることも赤白機体ビートダウンの強みとなっています。

■四色機体ビートダウンとは




Cultivator's Caravan / 耕作者の荷馬車 Unlicensed Disintegration / 無許可の分解 Ceremonious Rejection / 儀礼的拒否

四色機体ビートダウンは、一般的に赤白機体ビートダウンの構成を元にして、 《耕作者の荷馬車》 と特殊地形を利用して黒と青のカードをタッチする形で構築されるデッキです。
四色のカードを使用できることで赤白機体ビートダウンと比較して格段に対応力が上がっており、サイドボード後の戦いを有利に進めやすい強みを持っています。
 

■主な俗称・類似デッキ

赤白機体/赤白機体ビートダウン/赤白人間機体ビートダウン/赤白機体アグロ
白赤機体/白赤機体ビートダウン/白赤人間機体ビートダウン/白赤機体アグロ
緑白機体/緑白機体ビートダウン
マルドゥ機体ビートダウン/赤白黒機体/赤白黒機体ビートダウン/マルドゥアグロ
赤単機体/赤単機体ビートダウン
四色機体/四色機体ビートダウン

Page Top