霊気池の驚異コンボとは?(スタンダードのコンボデッキ)

Mana white Mana blue Mana black Mana red Mana green
霊気池の驚異とは、『カラデシュ』に収録されている神話レアの 《霊気池の驚異》 のことであり、
霊気池の驚異コンボは、緑を中心に任意の二色から四色で構築される、 《霊気池の驚異》 と大型エルドラージのコンボを軸としたコンボデッキです。

Woodweaver's Puzzleknot / 織木師の組細工 Aetherworks Marvel / 霊気池の驚異 Emrakul, the Promised End / 約束された終末、エムラクール

霊気池の驚異コンボの特長は、環境随一の爆発力です。

エネルギーを全力で貯めることで、最短で四ターン目に 《霊気池の驚異》 から 《絶え間ない飢餓、ウラモグ》 《約束された終末、エムラクール》 を唱えることが可能であり、相手デッキを選ばない圧倒的な最大値の高さが魅力的なデッキです。

エネルギーが貯まりさえすれば実質的に 《霊気池の驚異》 一枚コンボであり、エネルギーを貯めるカードのほとんどがドロー操作や除去を兼ねているため、従来のコンボデッキと比較すると構築の幅が広く、柔軟性や対応力に優れていることも特徴的です。
 

主に使用されるカード

1.エネルギー関連カードでエネルギーを貯めつつ時間を稼ぐ。


Attune with Aether / 霊気との調和 Woodweaver's Puzzleknot / 織木師の組細工 Harnessed Lightning / 蓄霊稲妻
Servant of the Conduit / 導路の召使い Whirler Virtuoso / つむじ風の巨匠
 

2.定番のパワーカードで盤面をコントロールする。


Kozilek's Return / コジレックの帰還 Ishkanah, Grafwidow / 墓後家蜘蛛、イシュカナ World Breaker / 世界を壊すもの
Chandra, Torch of Defiance / 反逆の先導者、チャンドラ Nahiri, the Harbinger / 先駆ける者、ナヒリ Noxious Gearhulk / 害悪の機械巨人
 

4.ドロー操作呪文で霊気池の驚異を手札に引き込む。


Glint-Nest Crane / 光り物集めの鶴 Contingency Plan / 有事対策 Anticipate / 予期
Cathartic Reunion / 安堵の再会 Tormenting Voice / 苦しめる声 Vessel of Nascency / 発生の器
 

5.霊気池の驚異から大型エルドラージを唱えて対戦相手を蹂躙する。


Aetherworks Marvel / 霊気池の驚異 Ulamog, the Ceaseless Hunger / 絶え間ない飢餓、ウラモグ Emrakul, the Promised End / 約束された終末、エムラクール

有利なデッキと不利なデッキ

霊気池の驚異コンボは、妨害手段の薄いデッキに有利です。
昂揚グッドスタッフ機体ビートダウンのようなサイド後まで含めても 《霊気池の驚異》 の起動を阻止する手段に乏しいデッキ相手はコンボを決めやすいため、相性が良いです。

霊気池の驚異コンボは、コンボへの妨害手段が豊富なデッキ、特に打ち消し呪文を豊富に擁するデッキに不利です。
奔流の機械巨人コントロールとの対戦では、相手の妨害手段が豊富であるためコンボを決めることが難しく、特にサイドボード後に妨害手段を増やされた後のゲームをとることが非常に困難であるため、不利です。
また、 《呪文捕らえ》 《老いたる深海鬼》 といった瞬速を持った妨害クリーチャーを苦手としているため、白青ビートダウンタコミッドレンジ相手も厳しい戦いを強いられます。
 

主な俗称・類似デッキ

ティムール霊気池の驚異コンボ/ティムール霊気池/ティムールエネルギー/
青緑赤霊気池の驚異コンボ/青緑赤霊気池/青緑赤エネルギー
赤緑霊気池の驚異コンボ/赤緑霊気池
青緑霊気池の驚異コンボ/青緑霊気池
バント霊気池の驚異コンボ/バント霊気池

サンプルデッキ


Page Top