赤緑エネルギーとは?(スタンダードのビートダウンデッキ)

Mana red Mana green
エネルギーとは、『カラデシュ』ブロックで登場したエネルギー・カウンターを使う能力を指しており、 赤緑エネルギーとは、赤緑を中心に構築されるエネルギーに関連するカードを軸にしたビートダウンデッキです。

Voltaic Brawler / 通電の喧嘩屋 Electrostatic Pummeler / 静電気式打撃体 Bristling Hydra / 逆毛ハイドラ

赤緑エネルギーの特長は、高水準ビートダウンとしての側面と一撃必殺コンボとしてしての側面が両立している点です。

二マナパワー4の高ステータスを持つ 《通電の喧嘩屋》 や、 《導路の召使い》 経由で三ターン目に登場する除去耐性持ちの 《逆毛ハイドラ》 などによる緑らしいパワフルなビートダウンと、 《静電気式打撃体》 《放たれた怒り》 による一撃必殺コンボの両面から相手にプレッシャーをかけることができるため、速度に非常に長けており、且つ対処の難しいデッキに仕上がっています。
また特筆すべきキーカードとして 《顕在的防御》 が挙げられます。
無理なく呪禁とサイズ修正を与えることができるこのカードの存在により、クリーチャーを減らして強化呪文を搭載することが正当化されており、一撃必殺コンボの達成とデッキ完成度の向上に大きく貢献しています。

2017年1月9日の禁止改定で 《約束された終末、エムラクール》 《密輸人の回転翼機》 《反射魔道士》 が禁止カードに指定されましたが、赤緑エネルギーはこれらのカードを採用せずにメタゲーム上位に位置していたデッキであったため、より一層の躍進を遂げるのではないかと予想されています。

主に使用されるカード

1.低コスト高パワーのクリーチャーを召喚して序盤から積極的にビートダウンする。


Servant of the Conduit / 導路の召使い Voltaic Brawler / 通電の喧嘩屋 Longtusk Cub / 牙長獣の仔
Electrostatic Pummeler / 静電気式打撃体 Greenbelt Rampager / 緑地帯の暴れ者 Bristling Hydra / 逆毛ハイドラ

2.対戦相手に隙ができたら強化呪文を重ねて唱えて一気に勝負をつける。


Blossoming Defense / 顕在的防御 Larger Than Life / 気宇壮大 Attune with Aether / 霊気との調和
Built to Smash / 撃砕確約 Invigorated Rampage / 暴力の激励 Uncaged Fury / 放たれた怒り

3.セカンドプランのパワーカードでデッキに厚みを加える。


Tireless Tracker / 不屈の追跡者 Verdurous Gearhulk / 新緑の機械巨人 Aethersphere Harvester / 霊気圏の収集艇

有利なデッキと不利なデッキ

赤緑エネルギーは、妨害手段の薄いデッキに有利です。
霊気池の驚異コンボ赤白機体緑黒ビートダウンタコミッドレンジといった妨害手段が乏しいデッキ相手は、コンボを決めやすいため相性がいいです。

赤緑エネルギーは、除去呪文を豊富に擁するデッキに不利です。
デッキのほとんどが除去呪文で構成される奔流の機械巨人コントロール相手はクリーチャーを戦場に残すのが困難であるため、厳しい戦いとなります。
また除去呪文の中でも呪禁を無視する 《神聖な協力》 《燻蒸》 といった白の除去呪文を特に苦手としており、相手の構成次第ではPWコントロール相手も不利な戦いを強いられます。

赤緑エネルギー対策のサイドボード

《燻蒸》
《払拭》
《神聖な協力》
《祝祭の開幕》
《ゴブリンの闇住まい》

主な俗称・類似デッキ

赤緑エネルギービートダウン
ティムールエネルギー/ティムールエネルギービートダウン/赤緑青エネルギー

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top