白青ビートダウンとは?(スタンダードの白青のビートダウンデッキ)

Mana white Mana blue
白青ビートダウンは、通常白青二色で構築される、ビートダウンデッキです。
『瞬速/Flash』の能力を持つクリーチャーを豊富に採用することから、『白青フラッシュ』と呼ばれることも多いです。

Spell Queller / 呪文捕らえ Gideon, Ally of Zendikar / ゼンディカーの同盟者、ギデオン Archangel Avacyn / 大天使アヴァシン

白青ビートダウンの特長は、飛行と瞬速による軸をずらした対処が困難なビートダウンです。

白青ビートダウンは相手の行動を阻害しながら攻めるいわゆるクロックパーミッション型の戦略を得意としており、コントロールデッキやコンボデッキ相手に有利に戦うことができます。 また白と青は優秀な飛行クリーチャーが豊富な色であるため、大型の地上生物やトークン戦略による足止めに耐性があり、ほぼ全てのデッキ相手に安定したビートダウンを行うことができます。

2017年1月9日の禁止改定により 《密輸人の回転翼機》 《反射魔道士》 が禁止カードに指定されたため、序盤のプレッシャー役と対ビートダウンデッキの要を失ったことの穴埋めが急務となっています。
《キランの真意号》 《停滞の罠》 などの代替カードの使用や、 《鎖鳴らし》 《霊廟の放浪者》 などを採用してのスピリット寄せ、 《老いたる深海鬼》 をマナカーヴの頂点に据えた重量級デッキへの転換など様々なパターンが想定されており、今後の動向が注目されています。

Heart of Kiran / キランの真意号 Rattlechains / 鎖鳴らし Elder Deep-Fiend / 老いたる深海鬼
 

主に使用されるカード

1.一癖も二癖もある小型クリーチャーで妨害しながらビートダウンする。


Thraben Inspector / スレイベンの検査官 Selfless Spirit / 無私の霊魂 Heart of Kiran / キランの真意号
Scrapheap Scrounger / 屑鉄場のたかり屋 Thalia, Heretic Cathar / 異端聖戦士、サリア Spell Queller / 呪文捕らえ
 

2.隙をついてミッドレンジのフィニッシャーを投入して一気に決着をつける。


Gideon, Ally of Zendikar / ゼンディカーの同盟者、ギデオン Gisela, the Broken Blade / 折れた刃、ギセラ Archangel Avacyn / 大天使アヴァシン
 

3.低コストの妨害呪文も利用して相手の動きを徹底的に縛る。


Revolutionary Rebuff / 革命的拒絶 Declaration in Stone / 石の宣告 Stasis Snare / 停滞の罠

白青ビートダウン対策のサイドボード

《ヴァラクートの涙》
《自然のままに》
《稲妻織り》
《領事の旗艦、スカイソブリン》
《折れた刃、ギセラ》

主な俗称・類似デッキ

青白ビートダウン
白青フラッシュ/青白フラッシュ
青白飛行ビートダウン
青白スピリット/白青スピリット
白青ミッドレンジ/青白ミッドレンジ
青白グッドスタッフ
青白エルドラージ
エスパーアグロ/エスパービートダウン/白青黒ビートダウン

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top