タコミッドレンジとは?(スタンダードの青+αのビートダウンデッキ)

Mana blue Mana black Mana red Mana green
タコとは、異界月のクリーチャーである 《老いたる深海鬼》 を指しており、
タコミッドレンジは、青を軸に任意の一色か二色を補色として構築される、 《老いたる深海鬼》 を活用したビートダウンデッキです。
《老いたる深海鬼》 が持つ能力語である「現出」を冠して、「四色現出」や「青赤現出」など「○○現出」と呼ばれることも多いアーキタイプです。

Haunted Dead / 憑依された死体 Kozilek's Return / コジレックの帰還 Elder Deep-Fiend / 老いたる深海鬼

タコミッドレンジの特長は、カードパワーの高いミッドレンジデッキ特有の対応力の高さです。

ビートダウンデッキ相手は 《コジレックの帰還》 《老いたる深海鬼》 の組み合わせによる制圧能力が、ミッドレンジ対決では 《老いたる深海鬼》 で相手のマナを縛るテンポの差をつける力が、コントロールデッキ相手は墓地利用や大型エルドラージのカードパワーによる消耗戦での強みがそれぞれ発揮されるため、苦手なデッキを特に持たないのが最大の強みです。

キーカードは 《老いたる深海鬼》

土地を含む四枚のパーマネントをタップできる登場時能力はテンポの概念を破壊するほどの非常に強力な能力であり、現出と瞬速の組み合わせによりソーサリータイミングの除去を避けながら好きなタイミングでプレイすることができます。
また、 《老いたる深海鬼》 はコスト8のエルドラージ・クリーチャーであるため 《コジレックの帰還》 と組み合わせることで全体除去の役割も兼ねる万能さを持ち、オールラウンダーデッキの顔役としてデッキを支えています。

主に使用されるカード

1.低コストの潤滑油で手札と墓地を充実させる。


Minister of Inquiries / 査問長官 Insolent Neonate / 傲慢な新生子 Perpetual Timepiece / 終わりなき時計
Collective Brutality / 集団的蛮行 Cathartic Reunion / 安堵の再会 Lightning Axe / 稲妻の斧
 

2.「現出」の生贄役を兼ねる中堅クリーチャーで戦場を支える。


Scrapheap Scrounger / 屑鉄場のたかり屋 Prized Amalgam / 秘蔵の縫合体 Haunted Dead / 憑依された死体
Stitchwing Skaab / 縫い翼のスカーブ Advanced Stitchwing / 改良された縫い翼
 

3.デッキのボスたる『タコ』でゲームの主導権をもぎ取る。


Elder Deep-Fiend / 老いたる深海鬼 Wretched Gryff / 不憫なグリフ Kozilek's Return / コジレックの帰還
 

■主な俗称・類似デッキ

ティムール現出/ティムール「現出」
四色現出/四色「現出」
グリクシス現出/青黒赤現出
青赤現出
老いたる深海鬼ミッドレンジ/老いたる深海鬼ビートダウン

サンプルデッキ


Page Top