この記事は、最新のスタンダード環境のアーキタイプ記事ではありません。
最新スタンダードのアーキタイプ記事はこちらから

奔流の機械巨人コントロールとは?(スタンダードの青+αコントロールデッキ)

Mana blue
奔流の機械巨人とは、『カラデシュ』に収録されている神話レアの 《奔流の機械巨人》 のことであり、
奔流の機械巨人コントロールは、青を中心に任意の二色から四色で構築される、パーマネントでない呪文によるコントロールを軸としたコントロールデッキです。

Torrential Gearhulk / 奔流の機械巨人 Supreme Will / 至高の意志 Glimmer of Genius / 天才の片鱗

奔流の機械巨人コントロールの特長は、非常に高い対処力です。

勝ち手段を最低限に絞り、デッキの大部分を打ち消し呪文と除去呪文に充てることによって、相手の勝ち手段を全て対処することすらも可能としているのが奔流の機械巨人コントロールというデッキです。
優秀な手札操作呪文であると 《天才の片鱗》 、環境に適した打ち消し呪文の 《不許可》 、隙の無い強力フィニッシャーの 《奔流の機械巨人》 と青いコントロールデッキの三本柱が環境に揃ったことで久々に環境に登場した青のヘビーコントロールデッキです。

新セットの『破滅の刻』からは、状況に合わせて二つの能力から効果を選べる 《削剥》 《至高の意志》 、天敵であった 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》 への解答となる 《破滅の刻》 を入手しており、最大の欠点であった序盤戦を補強することに成功しています。
Abrade / 削剥 Supreme Will / 至高の意志 Hour of Devastation / 破滅の刻

主に使用されるカード

1.低コストの除去呪文で相手のクリーチャーを除去する。


Harnessed Lightning / 蓄霊稲妻 Immolating Glare / 鑽火の輝き Grasp of Darkness / 闇の掌握
Abrade / 削剥 Cast Out / 排斥 Fatal Push / 致命的な一押し

2.打ち消し呪文で相手の戦略をピンポイントで阻害する。


Censor / 検閲 Supreme Will / 至高の意志 Disallow / 不許可
Negate / 否認 Essence Scatter / 本質の散乱

3.妨害をくぐり抜けて並べられたクリーチャーも全体除去でまとめて破壊。


Sweltering Suns / 焼けつく双陽 Hour of Devastation / 破滅の刻 Fumigate / 燻蒸
 

4.ドロー操作呪文で手数を補充して優位に立つ。


Hieroglyphic Illumination / ヒエログリフの輝き Glimmer of Genius / 天才の片鱗 Pull from Tomorrow / 明日からの引き寄せ
 

5.パーマネントでゲームを支配して、息切れした対戦相手にとどめをさす。


Torrential Gearhulk / 奔流の機械巨人 The Scarab God / スカラベの神 Nicol Bolas, God-Pharaoh / 王神、ニコル・ボーラス

有利なデッキと不利なデッキ

奔流の機械巨人コントロールは、序盤の動きが緩やかなデッキに有利です。
白青ビートダウンゾンビビートダウンのような序盤のアクションが弱いデッキ相手は余裕をもったコントロールが行えるため、相性がいいです。
また 《天才の片鱗》 《奔流の機械巨人》 の組み合わせにより消耗戦に強いため、緑黒ビートダウンのようなミッドレンジデッキ気味のビートダウンデッキ相手の戦いも得意としています。

奔流の機械巨人コントロールは、対処の難しいパーマネントを豊富に擁するデッキに不利です。
《秘蔵の縫合体》 《憑依された死体》 などで手数のつきない墓地利用型タコミッドレンジ相手は苦しい戦いを強いられます。
また、対処の追いつかない高速ビートダウンを苦手としており、特に赤単アグロは手数が多く息切れを狙いにくいため天敵となっています。

奔流の機械巨人コントロール対策のサイドボード

《不屈の追跡者》
《アクームの火の鳥》
《周到の神ケフネト》
《熱病の幻視》
《膨らんだ意識曲げ》

主な俗称・類似デッキ

グリクシスコントロール/青黒赤コントロール/ヤソコン
ジェスカイコントロール/トリコロールコントロール/青白赤コントロール
青赤コントロール/青赤呪文コントロール/青赤電招の塔コントロール
エスパーコントロール/青白黒コントロール/エスパーコン
青白コントロール/白青コントロール
青黒コントロール
電招の塔コントロール/ティムール電招の塔

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top