この記事は、最新のスタンダード環境のアーキタイプ記事ではありません。
最新スタンダードのアーキタイプ記事はこちらから

赤緑エネルギーとは?(スタンダードのビートダウンデッキ)

Mana blue Mana red Mana green
エネルギーとはカラデシュブロックのシステムである『エネルギー』を指しており、
赤緑エネルギーは、通常赤緑二色または赤緑青の三色で構築される、エネルギー・シナジーを活用するビートダウンデッキです。
赤緑青の三色のタイプについてはタルキールブロックの氏族にならって『ティムール(赤緑青)エネルギー』と呼ばれることが多いです。

Servant of the Conduit / 導路の召使い Bristling Hydra / 逆毛ハイドラ Harnessed Lightning / 蓄霊稲妻

赤緑エネルギーの特長は、高パフォーマンスなクリーチャーと高い安定性です。

赤緑エネルギーは緑を中心に構築され、 《導路の召使い》 《霊気との調和》 によって無理なく二色目や三色目の色マナを供出する構成をとるため、マナベースが非常に優れたデッキに仕上がっています。 そして、優れたマナベースからスムーズに登場する 《牙長獣の仔》 《逆毛ハイドラ》 などの高パワーのクリーチャーや、 《反逆の先導者、チャンドラ》 《栄光をもたらすもの》 などの除去を内蔵したパーマネントによるパワフルな攻めを得意としており、最優のミッドレンジデッキとして環境に君臨しています。

また、赤緑二色のタイプは 《静電気式打撃体》 による一撃必殺コンボを、赤緑青の三色のタイプは 《ならず者の精製屋》 《つむじ風の巨匠》 など長期戦に強いカードによるデッキパワーの底上げと多色故のサイドボードの強さをそれぞれ特長としています。

主に使用されるカード

1.パワーの高いクリーチャーを召喚して積極的に攻める。


Servant of the Conduit / 導路の召使い Voltaic Brawler / 通電の喧嘩屋 Longtusk Cub / 牙長獣の仔
Tireless Tracker / 不屈の追跡者 Bristling Hydra / 逆毛ハイドラ Glorybringer / 栄光をもたらすもの

2.サポート呪文で脇を固めて付け入る隙を与えない。


Attune with Aether / 霊気との調和 Harnessed Lightning / 蓄霊稲妻 Abrade / 削剥 Chandra, Torch of Defiance / 反逆の先導者、チャンドラ Aethersphere Harvester / 霊気圏の収集艇

4-1.隙をついて強化呪文の重ね技で一気に勝利する。(赤緑型)


Electrostatic Pummeler / 静電気式打撃体 Blossoming Defense / 顕在的防御 Larger Than Life / 気宇壮大
Invigorated Rampage / 暴力の激励 Greenbelt Rampager / 緑地帯の暴れ者 Rhonas the Indomitable / 不屈の神ロナス

4-2.優秀な三色目のカードも利用して、カードパワーで押し切る。(赤緑青型)


Rogue Refiner / ならず者の精製屋 Whirler Virtuoso / つむじ風の巨匠 Woodland Wanderer / 放浪する森林 Skysovereign, Consul Flagship / 領事の旗艦、スカイソブリン Nissa, Vital Force / 生命の力、ニッサ The Scarab God / スカラベの神

有利なデッキと不利なデッキ

赤緑エネルギーは、盤面で戦うアグロデッキやミッドレンジデッキに有利です。
マルドゥ機体緑黒ビートダウンゾンビビートダウン赤単アグロといったクリーチャーデッキ相手は、サイズの差を武器にして、主導権を握りやすいため相性がいいです。

赤緑エネルギーは、スケールの大きいコンボ寄りのコントロールデッキに不利です。
赤緑エネルギーはグッドスタッフデッキとしての側面を持つため、奔流の機械巨人コントロールのような通常のコントロールデッキ相手であれば互角に戦うことができますが、全体除去が豊富な青白の 《副陽の接近》 コントロールデッキや、 《コジレックの帰還》 《絶え間ない飢餓、ウラモグ》 など 《否認》 で対処できない脅威を用いるエルドラージランプ相手は、噛み合わない戦いを強いられてしまうため、相性が良くありません。

主な俗称・類似デッキ

赤緑ビートダウン
ティムールエネルギー/ティムールエネルギービートダウン/赤緑青エネルギー
ジャンドエネルギー/テジャンドエネルギービートダウン/赤緑黒エネルギー

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top