ZOOとは?(モダンの多色ビートダウン)

Mana white Mana red Mana green
ZOOは、通常 《野生のナカティル》 に代表される軽量クリーチャーを軸に構築される多色の、ビートダウンデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
 
  1. 低コスト大サイズのクリーチャーを召喚して、序盤から相手のライフを削る。
  2. 後続の優秀クリーチャーを召喚して、一気に畳みかける。
  3. 低コストの除去呪文や火力呪文で、ビートダウンをサポートする。

デッキのメリットは、固定された構築のない自由なビートダウンデッキであり、環境に合わせて振る舞いを変えられるため、柔軟性が高いことです。
また、多色デッキ故にサイドボードの幅が非常に広く、サイドボード後の戦いが得意であることも長所です。
デッキのデメリットは、クリーチャーに依存しているため、除去が豊富なデッキ相手に不利なことです。

■主に使用されるカード

1.低コスト大サイズのクリーチャーを召喚して、序盤から相手のライフを削る。

Wild Nacatl / 野生のナカティル Noble Hierarch / 貴族の教主 Narnam Renegade / ナーナムの改革派
Tarmogoyf / タルモゴイフ Thalia, Guardian of Thraben / スレイベンの守護者、サリア Qasali Pridemage / クァーサルの群れ魔道士
2.後続の優秀クリーチャーを召喚して、一気に畳みかける。

Loxodon Smiter / ロクソドンの強打者 Knight of the Reliquary / 聖遺の騎士 Renegade Rallier / 改革派の結集者
3.低コストの除去呪文や火力呪文で、ビートダウンをサポートする。

Lightning Bolt / 稲妻 Path to Exile / 流刑への道 Atarka's Command / アタルカの命令

■有利なデッキ

ZOOは、シナジーを重視しているなどで、単体カードパワーに劣るデッキを相手にするのが得意です。
青赤デルバーやマーフォーク相手は、クリーチャーのサイズと速度に勝るため、優位にゲームを進められます。
サイドボードまで含めると除去能力が高く、コントロールしやすいため、親和にやや有利です。

青赤デルバー
マーフォーク
親和

■不利なデッキ

ZOOは、序盤のテンポが活かせない相手が苦手です。
ジャンド相手は一般的にカードパワーで一回り劣り、豊富な妨害手段により、速度勝ちも困難であるため、不利です。
ソウルシスターズ相手はコンセプトの相性が悪く、バーン相手は土地からダメージを多く受けるデッキであることもあって速度負けしやすく、共にとても苦手な相手と言えます。
また、奇策を持たず、同じようなカードだけで構成されているデッキであるため、コントロールデッキの防御をくぐり抜けづらく、一般的にコントロールデッキがやや苦手です。

バーン
ジャンド
ソウルシスターズ

■ZOO対策のサイドボード

《不忠の糸》
《仕組まれた爆薬》
《漸増爆弾》
《神々の憤怒》
《機を見た援軍》

■主な派生デッキ

ZOOは、 《野生のナカティル》 《稲妻》 以外は全て変動パーツであると言ってもよく、大量の派生デッキが存在します。
青の打ち消しカードを搭載したハイパーZooやカウンターキャッツと呼ばれるタイプ、 《部族の炎》 を搭載したトライバルZOOやドメインZOOと呼ばれるタイプ、 《血染めの月》 を採用したブラッディZOO、 《闇の腹心》 などの黒いカードを採用したダークZOO、 《ドムリ・ラーデ》 《悪斬の天使》 を採用して骨太に組まれたドムリZOOやビッグZOOと呼ばれるタイプ、はたまた白を 《野生のナカティル》 の能力用のみに絞った赤緑グルールなどともかく亜種が多いです。
特にSuper Crazy Zoo(または死の影ビートダウン)と呼ばれる 《強大化》 《ティムールの激闘》 のコンボに加えて 《死の影》 まで搭載したスーサイドタイプの高速ZOOは、一つの別アーキタイプとして認知されるほどに流行しているデッキです。

●Super Crazy Zoo(死の影ビートダウン)
《強大化》 《ティムールの激闘》 の瞬殺コンボを搭載して、追加のアタッカーとして 《死の影》 を採用した三ターンキルに特化したコンボチックな形です。

■主な俗称・類似デッキ

ハイパーZOO(Hyper Zoo)
ドメインZOO
トライバルZOO
ナヤZOO
カウンターキャッツ(Counter-Cats)
ドムリZOO
上陸ZOO
アブザンZOO
ブラッディZoo
ダークZOO
ビッグZOO
グルール

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top