白黒トークンとは?(モダンの白黒ビートダウン)

Mana white Mana black
白黒トークンは、通常白黒の2色で組まれる、ビートダウンデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
 
  1. 妨害呪文で相手のエースをゲームから弾き出す。
  2. エースの欠けた相手の軍勢に、トークンの物量で対抗する。
  3. 全体強化で盤面の均衡を崩し、対戦相手を物量で押し潰す。

デッキのメリットは、一点突破のビートダウンや単体除去を苦にしないトークン戦略と、手札破壊を組み合わせることで、著しく対処が困難なデッキを実現できていることです。
デッキのデメリットは、ビートダウンにしては、ライフを削る力が乏しいことと、戦場に出てしまったパーマネントを対処する手段にやや欠けていることです。

■主に使用されるカード

1.妨害呪文で相手のエースをゲームから弾き出す。

Thoughtseize / 思考囲い Inquisition of Kozilek / コジレックの審問 Path to Exile / 流刑への道

2.エースの欠けた相手の軍勢に、トークンの物量で対抗する。

Bitterblossom / 苦花 Lingering Souls / 未練ある魂 Spectral Procession / 幽体の行列

3.全体強化で盤面の均衡を崩し、対戦相手を物量で押し潰す。

Intangible Virtue / 無形の美徳 Zealous Persecution / 盲信的迫害 Sorin, Solemn Visitor / 真面目な訪問者、ソリン

■有利なデッキ

白黒トークンは、トークン戦略がクリティカルに刺さるデッキ相手に有利です。
親和や青赤デルバーのような、線が細く、突破力を持たないビートダウンデッキを相手にするのが得意です。

青赤デルバー
親和

■不利なデッキ

白黒トークンは、トークン戦略や妨害を無視してくる、大味なデッキが苦手です。
赤緑ウルザトロンと風景の変容はその最たる例であり、少々の妨害では動じてくれず、対戦相手が動き出す前にライフを削り切るのも困難であるため、相性の悪いマッチアップです。

赤緑ウルザトロン
風景の変容

■白黒トークン対策のサイドボード

《イゼットの静電術師》
《集団疾病》
《ゴルガリの魔除け》
《思考を築く者、ジェイス》
《仕組まれた爆薬》

■主な俗称・類似デッキ

白黒赤トークン(マルドゥトークン)

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top