青赤ストームとは?(モダンの青赤コンボ)

Mana blue Mana red
ストームとは、時のらせんブロックで復刻されたキーワード能力であり、
青赤ストームは、通常青赤2色で組まれる、ストームを活用した、コンボデッキです。
また、青赤ストームには 《紅蓮術士の昇天》 をメインに据えた『青赤昇天』が派生デッキとして環境に存在しています。
このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
 
  1. コンボの安定性を上げるパーマネントを前もってプレイしておく。
  2. ストームを貯めるために、ドロー呪文とマナ加速呪文を唱え続ける。
  3. ストームが十分に貯まったら、フィニッシュ呪文をプレイして勝利する。

デッキのメリットは、パーマネントにほとんど依存しないデッキであるため、対戦相手の妨害カードの多くを無視できることです。
デッキのデメリットは、コンボスタート後もデッキの上から新しいカードを補充しつつ動く、いわゆるチェーンコンボであるため、
コンボが途切れて負ける自滅が存在することです。また、妨害カードを搭載されるサイド後は、勝つことがかなり困難になるのも悩みの種です。

■主に使用されるカード

1.呪文を大量にプレイすることに反応するパーマネントをプレイして下準備をする。

Goblin Electromancer / ゴブリンの電術師 Thing in the Ice / 氷の中の存在 Pyromancer Ascension / 紅蓮術士の昇天

ストームを貯めるために、ドロー呪文とマナ加速呪文を唱え続ける。

Serum Visions / 血清の幻視 Pyretic Ritual / 発熱の儀式 Manamorphose / 魔力変

3.ストームが十分に貯まったら、フィニッシュ呪文をプレイして勝利する。

Past in Flames / 炎の中の過去 Grapeshot / ぶどう弾 Empty the Warrens / 巣穴からの総出

■有利なデッキ

青赤ストームは、コンボを妨害するために必要な、打ち消し呪文や手札破壊呪文を持たない相手が得意です。
赤緑ウルザトロンや白黒緑ジャンクのような、 《血染めの月》 が効果的な相手には、サイドボード後も余裕をもってコンボをスタートできるため、相性が良いです。

赤緑ウルザトロン
白黒緑ジャンク

■不利なデッキ

青赤ストームは、妨害手段を豊富に搭載しているデッキや自分よりも高速なデッキが苦手です。
感染やZOO相手はメインから負けかねない上に、一般的に相手側に有効なサイドボードが多く存在しているため相性が悪いです。
風景の変容相手は、スピード自体は上回っているものの、風景の変容のみが相手への干渉手段をメインボードデッキから搭載しているため、その分だけ不利です。

風景の変容
感染

青赤ストーム対策のサイドボード

《法の定め》
《天界の粛清》
《呪文貫き》
《大祖始の遺産》
《虚空の杯》

■主な派生デッキ

ストーム要素を切り捨て、 《紅蓮術士の昇天》 をメインに据えた亜種が環境に存在します。

■主な俗称・類似デッキ

青赤 《紅蓮術士の昇天》
青赤緑 《紅蓮術士の昇天》
青赤白 《紅蓮術士の昇天》

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top