青赤デルバーとは?(モダンの青赤ビートダウン)

Mana blue Mana red
デルバーとは、イニストラードの青のクリーチャー 《秘密を掘り下げる者》 を指しており、
青赤デルバーは、通常青赤2色か一色を足した三色で組まれる、ビートダウンデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
 
  1. 呪文とシナジーを持つ低コストクリーチャーを召喚する。
  2. 低コストドロー呪文で、クリーチャーの能力を誘発させつつデッキを掘り進める。
  3. 低コスト妨害呪文でテンポを得て、優位を守って一気に押し切る。

デッキのメリットは、マナコストが押しなべて軽く、手数の多さと速度で対戦相手を圧倒するのが容易なことです。
デッキのデメリットは、初動のクリーチャーを除去されてしまうと、著しく速度が落ちることです。

■主に使用されるカード

1.呪文とシナジーを持つ低コストクリーチャーを召喚する。

Delver of Secrets / 秘密を掘り下げる者 Snapcaster Mage / 瞬唱の魔道士 Young Pyromancer / 若き紅蓮術士

2.低コストドロー呪文で、クリーチャーの能力を誘発させつつデッキを掘り進める。

Gitaxian Probe / ギタクシア派の調査 Serum Visions / 血清の幻視 Thought Scour / 思考掃き

3.低コスト妨害呪文でテンポを得て、優位を守って一気に押し切る。

Lightning Bolt / 稲妻 Remand / 差し戻し Mana Leak / マナ漏出

■有利なデッキ

青赤デルバーは、手数の多さを有利に繋げやすい中速デッキ相手が得意です。
低コストクリーチャーと妨害手段の組み合わせにより、対戦相手のデッキを選ばずに完封勝利することが可能であるため、ローグデッキの相手をするのが得意です。

マーフォーク
リビングエンド
青単トロン
ローグデッキ全般

■不利なデッキ

青赤デルバーは、一方的に攻めることができない、対応力の高いデッキが苦手です。
青白赤コントロール相手は、妨害手段が豊富なため攻めきれず、長期戦も相手のほうが秀でているため不利です。
黒緑系デッキ相手は、妨害能力とクリーチャーのサイズで劣るため苦戦を強いられ、中でも 《稲妻》 を擁するジャンドが特に苦手です。
また、妨害手段を打ち消し呪文と火力呪文に集約しており、汎用性は高くないため、緑白呪禁オーラのような、手も足も出ない相手が一定数存在します。

青白赤コントロール
ジャンド
緑白呪禁オーラ

■青赤デルバー対策のサイドボード

《虚空の杯》
《神々の憤怒》
《四肢切断》
《魂の裏切りの夜》
《イゼットの静電術師》

■主な派生デッキ

青赤デルバーは、青赤のクリーチャーを軸にしているものの、呪文の色は選びません。
そのため、各色の優秀呪文や追加のクリーチャーを取り入れた派生デッキが存在しています。
《黄金牙、タシグル》 《残忍な切断》 などを取り入れた黒タッチ型、
《流刑への道》 《聖トラフトの霊》 などを取り入れた白タッチ型、
《タルモゴイフ》 を取り入れた緑タッチ型、全てのパターンが存在します。
その中でも黒をタッチしたグリクシスデルバーは、青赤デルバーと並び立つメジャーなアーキタイプとしてユーザーに愛用されています。
また、 《秘密を掘り下げる者》 を取り除き、 《若き紅蓮術士》 に特化した形も環境に存在しています。

■主な俗称・類似デッキ

青赤黒デルバー
グリクシスデルバー(Grixis Delver)
青白赤デルバー
ジェスカイデルバー(Jeskai Delver)
青赤緑デルバー
青赤パイロマンサー
グリクシスパイロマンサー

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top