ソウルシスターズとは?(モダンの白単ビートダウン)

Mana white
ソウルシスターズは、白単色で構築された、ライフ回復ギミックを組み込んだビートダウンデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
 
  1. 下準備としてライフ回復クリーチャーを展開する。
  2. ライフを得ることで強化されるクリーチャーをプレイする。
  3. 横並べ戦略を利用して、クリーチャーを一気に強化して攻撃する。

デッキのメリットは、ライフを得るビートダウンという立ち位置が特殊であり、有利な相手にめっぽう強いことと、横に並べることが得意なので、除去耐性が高いことです。
デッキのデメリットは、クリーチャーの基本サイズが小さいことと、ライフを得ることが意味を持たない相手にはデッキパワーに不足しやすいことです。

■主に使用されるカード

1.下準備としてライフ回復クリーチャーを展開する。

Soul's Attendant / 魂の従者 Soul Warden / 魂の管理人 Auriok Champion / オーリオックのチャンピオン

2.ライフを得ることで強化されるクリーチャーをプレイする。

Ajani's Pridemate / アジャニの群れ仲間 Serra Ascendant / セラの高位僧

3.横並べ戦略を利用して、クリーチャーを一気に強化して攻撃する。

Honor of the Pure / 清浄の名誉 Lingering Souls / 未練ある魂 Ranger of Eos / イーオスのレインジャー

■有利なデッキ

ソウルシスターズは、ライフ回復が有効なビートダウン対決で有利です。
また、トークン生成カードや、 《イーオスのレインジャー》 《再誕の宣言》 などのリアニメイト呪文のおかげで粘り強いため、除去呪文に強く、黒緑グッドスタッフ系相手に息切れを起こさず、有利です。

親和
白黒緑ジャンク
バーン

■不利なデッキ

ソウルシスターズは、相手への干渉手段に欠けるため、コンボデッキ相手に不利です。
特に、盤面でプレッシャーを与えても勝ちに繋がりにくい、赤緑ウルザトロンや青赤ストームが苦手です。
また、対感染は、ブロッカーを豊富に用意できるため、勝ち目は十分にあるものの、ライフ回復が意味を成さないコンセプトの相性の悪さには抗えず、やや不利です。

赤緑ウルザトロン
青赤ストーム
感染

■ソウルシスターズ対策のサイドボード

《硫黄の精霊》
《魂の裏切りの夜》
《イゼットの静電術師》
《盲信的迫害》
《仕組まれた爆薬》

■主な派生デッキ

《魂の管理人》 シリーズと相性がいい、 《二の足踏みのノリン》 と、そのコンボカードである 《起源室》 《鍛冶の神、パーフォロス》 を加えて、赤白で構築された、ノリンシスターズという亜種が存在します。
また、 《魂の管理人》 《アジャニの群れ仲間》 を用いず、 《砂の殉教者》 《セラの高位僧》 以外は全てコントロールの向きのカードで埋めたMartyr Procと呼ばれる亜種も存在します。

■主な俗称・類似デッキ

ノリンシスターズ
Martyr Proc

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top