風景の変容とは?(モダンの青緑赤コンボ)

Mana blue Mana red Mana green
風景の変容とは、モーニングタイドの緑のソーサリーである 《風景の変容》 を指しており、
風景の変容は、通常青緑赤3色を中心に構築される、 《風景の変容》 《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》 ののコンボを活用した、コンボデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
 
  1. 土地を7枚並べることを目指して土地サーチ呪文を唱えていく。
  2. 土地が7枚並ぶまで妨害呪文を駆使してじっと耐える。
  3. 7~8枚土地が揃ったら、コンボを決めて、一撃で対戦相手のライフを0にする。

デッキのメリットは、コンボに土地と 《風景の変容》 しか必要としないため、ほとんどの妨害カードを苦にしないことです。
デッキのデメリットは、土地が7枚並ばないと勝つことができないため、速度や奇襲性に劣ることです。

■主に使用されるカード

1.土地を7枚並べることを目指して土地サーチ呪文を唱えていく。

Sakura-Tribe Elder / 桜族の長老 Search for Tomorrow / 明日への探索 Farseek / 遥か見

2.土地が7枚並ぶまで妨害呪文を駆使してじっと耐える。

Lightning Bolt / 稲妻 Remand / 差し戻し Cryptic Command / 謎めいた命令

3.7~8枚土地が揃ったら、コンボを決めて、一撃で対戦相手のライフを0にする。

Bring to Light / 白日の下に Scapeshift / 風景の変容 Valakut, the Molten Pinnacle / 溶鉄の尖峰、ヴァラクート

■有利なデッキ

風景の変容は、盤面の処理を得意としているような中速デッキに有利です。
黒緑のグッドスタッフデッキ相手は、相手の売りであるパーマネント除去と手札破壊があまり効かず、ライフを削りきられるよりもこちらのコンボが決まる方が速いことが多いため、有利です。
また、デッキに打ち消し呪文を多く搭載できて、土地も多く並ぶため、打ち消し合戦で負けることは少なく、青白赤コントロールや青赤デルバーのような対コンボの妨害手段をカウンターに頼っているデッキを相手にするのが得意です。

白黒緑ジャンク
エルドラージビートダウン
青白赤コントロール

■不利なデッキ

風景の変容は、スピードに全てを振り向けてるタイプのデッキが苦手です。
感染や親和のような手数の多いデッキ相手は、妨害が間に合わずに負けることがよくあります。
特に親和は 《血染めの月》 をサイドボードに搭載していることが多く、かなり苦手なマッチアップです。
また、勝つためには土地が最低でも7枚必要であるため、土地を1枚破壊されるだけで簡単に1ターンを稼がれてしまいます。そのため、ビートダウンデッキの 《地盤の際》 《大爆発の魔道士》 を苦手とします。

親和

■風景の変容対策のサイドボード

《血染めの月》
《エイヴンの思考検閲者》
《大爆発の魔道士》
《殺戮遊戯》
《呪文滑り》

■主な派生デッキ

風景の変容は、 《風景の変容》 と土地以外はフリースロットであるため、様々な派生デッキが存在します。
その中でも最もメジャーな形は純正赤緑で 《原始のタイタン》 を加えた赤緑ヴァラクートですが、その派生として勝ち手段を増やすことで別デッキとなった赤緑ブリーチトラップも存在しています。

●赤緑ヴァラクート
《風景の変容》 に加えて 《原始のタイタン》 をフィニッシャーとして採用することで、多面的に攻められるようになり、速度と妨害耐性を増した形です。

■主な俗称・類似デッキ

スケープシフト/ティムールスケープシフト
ヴァラクート/三色ヴァラクート

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top