マーフォークとは?(モダンの青単ビートダウン)

Mana blue
マーフォークとは、クリーチャーの部族の一つであり、
マーフォークは、通常青単色で組まれる、マーフォークの部族シナジーを活用した、ビートダウンデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
 
  1. 単体で優秀な能力を持ったマーフォークをプレイする。
  2. マーフォークのロードを複数並べて、強化されたクリーチャーたちでビートダウンする。
  3. 優秀なサポートカードで対戦相手の妨害を乗り越える。

デッキのメリットは、青いビートダウンデッキであるため、対応力が高く、特にコンボデッキに強いことです。
デッキのデメリットは、単体のカードパワーが低いカードで構成されているため、除去呪文でシナジーを崩されると脆いことです。

■主に使用されるカード

1.単体で優秀な能力を持ったマーフォークをプレイする。

Cursecatcher / 呪い捕らえ Silvergill Adept / 銀エラの達人 Harbinger of the Tides / 潮流の先駆け
2.マーフォークのロードを複数並べて、全体強化されたクリーチャー群でビートダウンする。

Lord of Atlantis / アトランティスの王 Master of the Pearl Trident / 真珠三叉矛の達人 Merrow Reejerey / メロウの騎兵

3.優秀なサポートカードで対戦相手の妨害を乗り越える。

Mutavault / 変わり谷 Aether Vial / 霊気の薬瓶 Spreading Seas / 広がりゆく海

■有利なデッキ

マーフォークは、自分のペースで戦える、ゆったりとしたデッキに有利です。
《地盤の際》 や打ち消し呪文が効果的なコントロールデッキを相手にするのが特に得意です。

青白赤コントロール
風景の変容
赤緑ウルザトロン

■不利なデッキ

マーフォークは、防御面に難があるので、攻撃力の高いデッキが苦手です。
親和はマーフォーク側の強みが全く活かせないマッチアップであり、相手の攻勢を止めることもほとんどできないため、非常に不利な相手です。
大量の除去を搭載し、ビートダウン能力も高いジャンドも苦手なデッキです。

親和
ジャンド
緑白呪禁オーラ

■マーフォーク対策のサイドボード

《神々の憤怒》
《至高の評決》
《渋面の溶岩使い》
《窒息》
《仕組まれた爆薬》

■主な派生デッキ

マーフォークは、青単色で種族シナジーに寄せた構築をされることがほとんどです。
例外として、 《稲妻》 の赤、もしくは 《流刑への道》 の白をタッチして除去を厚くした形や、
《タルモゴイフ》 を求めて緑をタッチした形、
《呪文づまりのスプライト》 などの妨害クリーチャーを採用してグッドスタッフ性を上げた形や 《苦花》 まで投入してフェアリーとハイブリッドした形などが存在します。

■主な俗称・類似デッキ

青白マーフォーク
青黒マーフォーク
青赤マーフォーク
青緑マーフォーク
Fish/魚

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top