赤緑ヴァラクートとは?(モダンの赤緑コンボ)

Mana red Mana green
ヴァラクートとは、ゼンディカーの特殊地形である 《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》 を指しており、
赤緑ヴァラクートは、通常赤緑2色で組まれる、 《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》 を軸に据えたコンボデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
  1. 除去呪文で序盤をやり過ごす。
  2. 土地サーチ呪文でヴァラクート誘発のための土地を並べる。
  3. ヴァラクートの能力を大量に誘発させて大ダメージを与えて勝利する。

デッキのメリットは、奇襲性と決定力の高さと、マナランプデッキの特徴である中盤戦の強さです。
デッキのデメリットは、動きが大ぶりなため、対戦相手に行動を読まれやすく、ビッグアクションに妨害を合わせられやすいことと、
単体で仕事をしないカードや状況を選ぶカードがデッキに多く含まれているので、安定性が低いことです。

■主に使用されるカード

1.除去呪文で序盤をやり過ごす。

Lightning Bolt / 稲妻 Anger of the Gods / 神々の憤怒 Engineered Explosives / 仕組まれた爆薬

2.土地サーチ呪文でヴァラクート誘発のための土地を並べる。

Search for Tomorrow / 明日への探索 Sakura-Tribe Elder / 桜族の長老 Farseek / 遥か見

3.ヴァラクートの能力を大量に誘発させて大ダメージを与えて勝利する。

Primeval Titan / 原始のタイタン Scapeshift / 風景の変容 Valakut, the Molten Pinnacle / 溶鉄の尖峰、ヴァラクート

■有利なデッキ

赤緑ヴァラクートは、殺傷力の低い中速デッキに、有利です。
特に親和や、緑のクリーチャーコンボのような 《神々の憤怒》 が効果的な相手が得意です。
また、パワーカードを数多く搭載しているため、手札破壊に耐性があり、ジャンドのような黒緑グッドスタッフ系デッキに有利です。

ジャンド
召喚の調べコンボ
親和

■不利なデッキ

赤緑ヴァラクートは、妨害手段に欠けるため、コンボデッキが苦手です。
特にアドグレイスや青赤ストーム相手は、その速度に抗うすべがなく、妨害もまるでできないため、非常に不利です。
また、タフネスウ4以上のクリーチャーへの対処手段が限られるため、速度と妨害も兼ね備えたグリクシス死の影は苦手な相手です。

アドグレイス
青赤ストーム
死の影ビートダウン

■赤緑ヴァラクート対策のサイドボード


《大爆発の魔道士》
《疑念の影》
《瞬間凍結》
《ギデオンの介入》

■主な派生デッキ

赤緑ヴァラクートは、 《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》 のコンボに特化することで、優れた速度と一点突破力を実現しているデッキですが、特化しすぎているがゆえの脆さも抱えています。 そのため、二つ目の勝ち手段として 《裂け目の突破》 《引き裂かれし永劫、エムラクール》 のコンボを組み込んだ『ブリーチタイタン』や、青の打ち消し呪文とドロー操作を組み込んで対応力を伸ばした『風景の変容』が派生デッキとして存在しています。

●風景の変容
勝ち手段を 《風景の変容》 に一本化することで、妨害手段を目一杯詰め込むことを可能にしており、対応力に優れたデッキです。

■主な俗称・類似デッキ

タイタンシフト/赤緑タイタンシフト/赤緑風景の変容
赤緑裂け目の突破/赤緑ブリーチタイタン/赤緑ブリーチトラップ/メイクシフト/タイタンシフト

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top