ロームとは?(モダンの黒緑赤コントロール)

Mana black Mana red Mana green
ロームとは、ラヴニカの緑のソーサリーである 《壌土からの生命》 を指しており、
ロームは、黒緑赤の3色、または白を加えた4色で組まれる、 《壌土からの生命》 を軸にした、コントロールデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
 
  1. 《壌土からの生命》 を利用してマナと手札を伸ばす。
  2. 《壌土からの生命》 で手に入れた土地を使って対戦相手を攻めたてる。
  3. クリーチャーによるビートダウンもあわせて行い対戦相手のライフを削りきる。

デッキのメリットは、 《壌土からの生命》 が稼ぎだす無尽蔵のアドバンテージにより、対コントロールにおいて負けなしの強さを誇ることです。
デッキのデメリットは、墓地対策などでコアである 《壌土からの生命》 を根本から対処されてしまうと、デッキパワーがガクッと落ちてしまうことです。

■主に使用されるカード

1. 《壌土からの生命》 を利用してマナと手札を伸ばす。
 
Faithless Looting / 信仰無き物あさり Life from the Loam / 壌土からの生命


2. 《壌土からの生命》 で手に入れた土地を使って対戦相手を攻めたてる。

Seismic Assault / 突撃の地鳴り Molten Vortex / 溶鉄の渦 Raven's Crime / カラスの罪

3.クリーチャーによるビートダウンもあわせて行い対戦相手のライフを削りきる。

Dark Confidant / 闇の腹心 Tarmogoyf / タルモゴイフ Young Pyromancer / 若き紅蓮術士
Bloodghast / 恐血鬼 Countryside Crusher / 田舎の破壊者 Tasigur, the Golden Fang / 黄金牙、タシグル

■主な俗称・類似デッキ

ドレッジ
発掘
アサルトローム
アグロローム
《若き紅蓮術士》 ローム
《田舎の破壊者》 ローム

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top