ジャンドとは?(モダンの赤黒緑ビートダウン)

Mana black Mana red Mana green
ジャンドとは、アラーラの断片ブロックに存在する赤黒緑の断片であり、
ジャンドは、通常赤黒緑の3色で組まれる、ビートダウンデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
 
  1. 優秀妨害カードで対戦相手の出鼻を挫く。
  2. 動きが鈍った対戦相手を低コスト高効率カードで蹂躙する。
  3. 大量の除去呪文で対戦相手の脅威を全てシャットアウトする。

デッキのメリットは、大量に搭載されている除去呪文によって、クリーチャーを軸としたコンボデッキや、ビートダウンデッキのクリーチャーを残さず排除できる点です。
また、サイドボードの選択肢が非常に広く、環境に適した構築が容易です。
デッキのデメリットは、序盤戦に重きを置いたデッキであるため、中盤戦以降にカードパワー負けしやすいことです。

■主に使用されるカード

1.優秀妨害カードで対戦相手の出鼻を挫く。

Inquisition of Kozilek / コジレックの審問 Thoughtseize / 思考囲い Fatal Push / 致命的な一押し
Lightning Bolt / 稲妻 Terminate / 終止 Abrupt Decay / 突然の衰微

2.動きが鈍った対戦相手を低コスト高効率カードで蹂躙する。

Tarmogoyf / タルモゴイフ Dark Confidant / 闇の腹心 Scavenging Ooze / 漁る軟泥

3.大量の除去呪文で対戦相手の脅威を全てシャットアウトする。

Kolaghan's Command / コラガンの命令 Collective Brutality / 集団的蛮行 Maelstrom Pulse / 大渦の脈動 Liliana of the Veil / ヴェールのリリアナ Liliana, the Last Hope / 最後の望み、リリアナ Chandra, Torch of Defiance / 反逆の先導者、チャンドラ

■有利なデッキ

ジャンドは、除去呪文が有効にはたらくクリーチャーデッキ相手に有利です。
感染のようなクリーチャーを軸にしたコンボデッキを相手取るのが特に得意です。
また、手札破壊と優秀なサイドボード、高いビートダウン性能を併せ持つため、クリーチャーを用いないコンボデッキ相手にも、有利を取りやすいです。

エルフ
親和
死の影ビートダウン
デス&タックス

■不利なデッキ

ジャンドは、除去呪文や手札破壊呪文を苦にしない大味なデッキが苦手です。
風景の変容や赤緑ウルザトロンのような、カードパワーの高いコントロールタイプのデッキ相手は、手札破壊の効果が薄く、苦手です。
アブザンジャンク相手は、似たようなデッキ構成ではあるものの、 《未練ある魂》 の有無の差という一点が大きく響くため不利です。

アブザンジャンク
赤緑ウルザトロン
風景の変容

■ジャンド対策のサイドボード

《強情なベイロス》
《嵐の神、ケラノス》
《全ては塵》
《未練ある魂》
《神聖の力線》

■主な派生デッキ

白をタッチして 《未練ある魂》 を加えた白ジャンドや、赤を完全に抜いて白黒緑に色を変えた白黒緑ジャンク、赤も白も使わずに純正2色で組まれた黒緑グッドスタッフ、 《死の影》 《ウルヴェンワルド横断》 をデッキに取り入れたジャンド死の影ビートダウンなどが亜種として存在しています。

●白黒緑ジャンク
パートナーカラーを赤から白に変えて、 《未練ある魂》 《包囲サイ》 を手に入れたことで、ミッドレンジやビートダウン相手にさらに強くなった形です。

●ジャンド死の影ビートダウン
フィニッシャーに 《死の影》 を据えて、キルターンを早め、コンボやビートダウン相手に強くなった形です。

■主な俗称・類似デッキ

白ジャンド
黒緑グッドスタッフ

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top