トリコトラフトとは?(モダンの青白赤ビートダウン)

Mana white Mana blue Mana red
トリコとは、フランスの国旗を語源とし、青白赤の3色デッキを指す俗称「トリコロール」を略したものであり、
トラフトとは、イニストラードの白青の伝説のクリーチャーである 《聖トラフトの霊》 を指しています。
トリコトラフトは、通常青白赤の3色で組まれる、ビートダウンデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
 
  1. 序盤から積極的に対戦相手の行動を妨害する。
  2. 低コスト高効率クリーチャーで対戦相手のライフを削る。
  3. 少なくなってきた相手のライフをダメ押しの強力カードで一気に削りとる。

デッキのメリットは、ダメージレースに強いことと、妨害呪文のコストが軽く、隙が小さいことです。
デッキのデメリットは、テンポを重視しており、序盤にクリーチャーと呪文をバランスよく引かないと勝てないため、引きムラに影響されやすいことです。

■主に使用されるカード

1.序盤から積極的に対戦相手の行動を妨害する。

Lightning Bolt / 稲妻 Lightning Helix / 稲妻のらせん Remand / 差し戻し

2.低コスト高効率クリーチャーで対戦相手のライフを削る。

Snapcaster Mage / 瞬唱の魔道士 Vendilion Clique / ヴェンディリオン三人衆 Geist of Saint Traft / 聖トラフトの霊

3.少なくなってきた相手のライフをダメ押しの強力カードで一気に削りとる。

Restoration Angel / 修復の天使 Thundermaw Hellkite / 雷口のヘルカイト Celestial Colonnade / 天界の列柱

■有利なデッキ

トリコトラフトは、低コスト除去呪文に長けているため、ビートダウンデッキやクリーチャーを軸にしたコンボデッキに有利です。
感染やマーフォークなど、 《稲妻》 でほとんどのクリーチャーを除去できるデッキ相手はとても有利です。
また、除去合戦になるマッチアップでは、 《聖トラフトの霊》 が非常に強いため、青赤デルバーやZOOなどの相手も得意としています。

感染
青赤デルバー
マーフォーク

■不利なデッキ

トリコトラフトは、妨害手段を単体除去に頼っているため、単体除去を苦にしないデッキが苦手です。
赤緑トロン相手は、妨害手段が少ないため、理想的な動きをされた場合に打つ手がなく、 《聖トラフトの霊》 《紅蓮地獄》 で容易に対処されてしまうため、不利です。
白黒緑ジャンク相手は 《聖トラフトの霊》 《ヴェールのリリアナ》 で対処されてしまうことに加えて、 《未練ある魂》 《包囲サイ》 が辛く、苦手な相手です。
また、緑白呪禁オーラには構造上の問題で勝てません。

赤緑ウルザトロン
緑白呪禁オーラ
白黒緑ジャンク

■トリコトラフト対策のサイドボード

《血染めの月》
《火山の流弾》
《引き裂く流弾》
《最後のトロール、スラーン》
《台所の嫌がらせ屋》

■主な派生デッキ

似かよった雰囲気のデッキとして、青赤をはじめとして各色に存在するデルバー系デッキが存在します。
また、色こそ同じ青白赤ですが、ビートダウンではなく、コントロールとして構築された青白赤コントロールが存在します。

●青赤デルバー
《秘密を掘り下げる者》 《若き紅蓮術士》 を採用して、シナジー性を上げ、安定性と引き換えに、速度と爆発力を得た形です。

●青白赤コントロール
クリーチャーを極力減らし、妨害呪文をふんだんに搭載することで、防御力を上げ、安定性を増した形です。

■主な俗称・類似デッキ

青白ミッドレンジ
青白アグロ
青白フラッシュ
トリコフラッシュ
ジェスカイミッドレンジ
ジェスカイアグロ
青白赤ミッドレンジ

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top