青白赤コントロールとは?(モダンの青白赤コントロール)

Mana white Mana blue Mana red
青白赤コントロールは、通常青白赤の3色で組まれる、コントロールデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
 
  1. 序盤から積極的に対戦相手の行動を妨害する。
  2. アドバンテージつき妨害呪文でさらに妨害を続ける。
  3. ほどよく対戦相手の動きが鈍ったら、勝ち手段で押し込んで勝利する。

デッキのメリットは、デッキのほぼ全てが妨害手段で構成されているため、ビートダウン相手に強く、引きムラの影響を受けづらいことです。
デッキのデメリットは、勝つまでに時間がかかるため、コンボデッキ相手に負けやすいことです。

■主に使用されるカード

1.序盤から積極的に対戦相手の行動を妨害する。

Lightning Bolt / 稲妻 Spell Snare / 呪文嵌め Mana Leak / マナ漏出

2.アドバンテージつき妨害呪文でさらに妨害を続ける。

Lightning Helix / 稲妻のらせん Electrolyze / 電解 Cryptic Command / 謎めいた命令

3.ほどよく対戦相手の動きが鈍ったら、勝ち手段で押し込んで勝利する。

Snapcaster Mage / 瞬唱の魔道士 Nahiri, the Harbinger / 先駆ける者、ナヒリ Celestial Colonnade / 天界の列柱

■有利なデッキ

青白赤コントロールは、除去呪文が豊富なため、ビートダウンデッキやクリーチャーを軸にしたコンボデッキに有利です。

感染
親和
青赤デルバー

■不利なデッキ

青白赤コントロールは、ビートダウンとコンボデッキを意識して構築されているデッキであるため、コントロールデッキを相手にするのが苦手です。
赤緑トロンや風景の変容相手は、後半戦で勝つことは不可能なので、序盤から積極的にライフを削ることで勝つしかなく、厳しい戦いになりますです。
また、マーフォーク相手は、ただでさえ 《霊気の薬瓶》 が辛いところに、打ち消し呪文や土地破壊カードで追い討ちをかけてくるため、不利です。

赤緑ウルザトロン
マーフォーク
風景の変容

■青白赤コントロール対策のサイドボード

《窒息》
《血染めの月》
《払拭》
《大祖始の遺産》
《大爆発の魔道士》

■主な派生デッキ

同じ青白系コントロールとして赤を削って青白2色で構築された形や、赤の火力呪文のかわりに黒の手札破壊呪文や除去呪文を使用する形が存在します。
また、同じ青白赤でもコントロールに特化するのではなく、アグロに攻めることを選んだ、トリコトラフトという似て非なるデッキが存在しています。

●トリコトラフト
青白赤コントロールと同様に最初は妨害からスタートするものの、妨害を重ねるのではなく、クリーチャーでビートダウンすることを選び、高いライフレース能力を手に入れた形です。

■主な俗称・類似デッキ

トリコロールコントロール
トリココン
ジェスカイコントロール
ジェスカイコン
青白コントロール(UW Control)

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top