エルフとは?(モダンの準緑単ビートダウン)

Mana green
エルフとは、クリーチャーの部族の一つであり、
エルフは、通常準緑単で構築される、エルフの部族シナジーを活用し、コンボ要素を持った、ビートダウンデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
  1. 戦場にエルフを並べて、頭数を揃える。
  2. クリーチャーサーチ呪文を利用して、さらにクリーチャーを展開する。
  3. エルフシナジーを持ったクリーチャーで、数を力に変えて対戦相手を圧倒する。

デッキのメリットは、スピード、パワー、持続性を兼ね揃えており、準単色で低マナ圏が厚い構成であるため安定性も高く、ビートダウンデッキとして高い水準でまとまっていることです。
デッキのデメリットは、妨害手段に欠けるため、スピードに特化したコンボに分が悪いことと、全体除去に弱いことです。

■主に使用されるカード

1.戦場にエルフを並べて、頭数を揃える。

Elvish Mystic / エルフの神秘家 Llanowar Elves / ラノワールのエルフ Nettle Sentinel / イラクサの歩哨
Elvish Visionary / エルフの幻想家 Dwynen's Elite / ドゥイネンの精鋭

2.クリーチャーサーチ呪文を利用して、さらにクリーチャーを並べる。

Collected Company / 集合した中隊 Chord of Calling / 召喚の調べ Lead the Stampede / 暴走の先導

3.エルフシナジーを持ったクリーチャーで、数を力に転化して対戦相手を圧倒する。

Heritage Druid / 遺産のドルイド Elvish Archdruid / エルフの大ドルイド Ezuri, Renegade Leader / 背教の主導者、エズーリ
Joraga Warcaller / ジョラーガの戦呼び Shaman of the Pack / 群れのシャーマン Craterhoof Behemoth / 孔蹄のビヒモス  

■有利なデッキ

エルフカンパニーは、動作のゆったりしたデッキや、盤面の処理が苦手なデッキに有利です。
死の影ビートダウン相手は、ブロッカーを用意するのが容易であり、相手の妨害の上からクリーチャーを展開してプレッシャーをかけられるため、有利です。
白黒緑ジャンク
死の影ビートダウン
マーフォーク

■不利なデッキ

エルフカンパニーは、盤面のコントロールが得意で、強力なブロッカーを準備できるデッキが苦手です。
低コストの妨害手段に優れるジャンドや、全体除去を豊富に採用している赤緑トロンは、それぞれ強力なブロッカーも保持しているため、無理やり攻めることも難しく、苦手な相手です。

赤緑ウルザトロン
グリクシスコントロール
ジャンド

■エルフカンパニー対策のサイドボード

《渋面の溶岩使い》
《神々の憤怒》
《払拭》
《滅び》
《墓掘りの檻》

■主な派生デッキ

エルフカンパニーは核となるカードがすべて緑色のカードであり、緑単色で構築することが可能です。
しかし、任意の1色~3色をタッチすることで、サイドボードを充実させ、豊富なクリーチャーサーチ呪文からプレイするための各色の優秀メタクリーチャーを採用することが一般的です。
サブカラーの中では、 《ブレンタンの炉の世話人》 《戦争の報い、禍汰奇》 《流刑への道》 《安らかなる眠り》 などを採用できる白が一番人気です。

■主な俗称・類似デッキ

エルフ
中隊エルフ

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top