発掘とは?(モダンの黒緑赤青ビートダウン)

Mana blue Mana black Mana red Mana green
発掘とは、ラヴニカのキーワード能力である 発掘(Dredge)を指しています。
発掘(デッキ)とは、黒緑赤青の四色で組まれる、墓地シナジーを軸にした、ビートダウンデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
  1. 低コストのディスカード手段で発掘持ちカードを墓地に落とす。
  2. 発掘を利用して一気に山札を墓地に送り込む。
  3. 溜まった墓地から一気にクリーチャーを甦らせて、対戦相手を圧倒する。

デッキのメリットは、そこそこの速度&安定性と、環境屈指の粘り強さという高いスペックを持っていることと、
デッキを高速で掘っていくため見れるカードの枚数が多く、サイドカードを手元に引き寄せやすいためサイドボード後に強いことです。
デッキのデメリットは、墓地対策に弱いことと、妨害手段が乏しいためコンボデッキ耐性に欠けることです。

■主に使用されるカード


1.低コストのディスカード手段で発掘持ちカードを墓地に落とす。

Faithless Looting / 信仰無き物あさり Hedron Crab / 面晶体のカニ Insolent Neonate / 傲慢な新生子
Conflagrate / 燃焼 Cathartic Reunion / 安堵の再会 Collective Brutality / 集団的蛮行

2.発掘を利用して一気に山札を墓地に送り込む。

Life from the Loam / 壌土からの生命 Golgari Thug / ゴルガリの凶漢 Stinkweed Imp / 臭い草のインプ

3.溜まった墓地から一気にクリーチャーを甦らせて、対戦相手を圧倒する。

Bloodghast / 恐血鬼 Narcomoeba / ナルコメーバ Prized Amalgam / 秘蔵の縫合体

■有利なデッキ

発掘は、盤面で勝負してくるクリーチャーデッキ相手に有利です。
素早く戦場に出て何度も蘇生するクリーチャーのおかげで速度と持続力に優れており、 《燃焼》 で一方的に相手陣営を壊滅させることができるため、親和やエルドラージといったビートダウンとの戦いで主導権を握るのが容易です。
また、グリクシスコントロールのような追放除去の乏しいコントロールデッキ相手も、得意な消耗戦を挑めるため、有利です。

エルドラージビートダウン
マーフォーク
親和
グリクシスコントロール

■不利なデッキ

発掘は、盤面を無視してスピード勝負を仕掛けてくるコンボデッキを相手にするのが苦手です。
青赤ストームやアドグレイスには、相手のコンボに干渉できず、相手の方が勝利ターンが早いため不利です。
赤緑ウルザトロン相手は、強力な妨害の 《大祖始の遺産》 、クリーチャー三~四体分の足止めとなる 《ワームとぐろエンジン》 、全体追放除去の 《精霊龍、ウギン》 など致命的なカードが多いため不利です。

赤緑ウルザトロン
精力の護符ランプ
青赤ストーム
ランタンコントロール アドグレイス

発掘対策のサイドボード

《墓掘りの檻》
《安らかなる眠り》
《外科的摘出》
《神々の憤怒》
《大祖始の遺産》

■主な俗称・類似デッキ

ドレッジ
ドレッジヴァウイン

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top