親和とは?(モダンのアーティファクトビートダウン)

親和とは、ミラディンブロックのアーティファクトに関連したキーワード能力であり、
親和は、アーティファクトを軸に構築された、ビートダウンデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
 
  1. 基盤となる低コストアーティファクトクリーチャーを展開する。
  2. 強力な低コストアーティファクトシナジーカードで速やかにライフを削り切る。
  3. デッキに粘り強さを与え、プレイの幅を広げる優秀なマナベース。

デッキのメリットは、モダン環境でも随一の爆発力と安定性により、メインデッキ戦において非常に強い点と、基本地形のようなマナ供給専用カードがほとんどデッキに入っていない仕様上、1:1交換の応酬に非常に強く、単体除去に耐性がある点です。
デッキのデメリットは、デッキの大部分がアーティファクトで構成されているため、アーティファクト対策カードに非常に弱く、サイドボード後の戦いが概ね不利である点です。
また、カードの数を参照するシナジーカードを活用する都合上、横に並べることになるため、全体除去にとても弱いです。

■主に使用されるカード

1.基盤となる低コストアーティファクトクリーチャーを展開する。

Ornithopter / 羽ばたき飛行機械 Signal Pest / 信号の邪魔者 Vault Skirge / 大霊堂のスカージ

2.強力な低コストアーティファクトシナジーカードで速やかにライフを削り切る。

Arcbound Ravager / 電結の荒廃者 Steel Overseer / 鋼の監視者 Cranial Plating / 頭蓋囲い

3.デッキに粘り強さを与え、プレイの幅を広げる優秀なマナベース。

Blinkmoth Nexus / ちらつき蛾の生息地 Inkmoth Nexus / 墨蛾の生息地 Mox Opal / オパールのモックス

■有利なデッキ

親和は、ライフや盤面を意識して構築されているフェアデッキに有利です。
ビートダウン相手に強いことに定評がある黒緑系のグッドスタッフデッキに互角以上に戦えるのが、親和の大きな強みの一つです。
また、土地からダメージを受けず、スピードがより速いため、バーンデッキに有利です。
サイドボードの 《血染めの月》 が有効に働く相手には、メインボード戦に強い長所も相まって、とても有利です。

リビングエンド
マーフォーク
青単トロン

■不利なデッキ

親和は、全体除去が戦略に組み込まれているデッキが苦手です。
メインボードから 《紅蓮地獄》 《忘却石》 といった全体除去を使用してくる赤緑トロンや、
親和のクリーチャーを根こそぎ除去することが可能な青白赤コントロールが苦手なデッキの代表例です。
また、対策カードの中でも特に 《石のような静寂》 を苦手としており、 《未練ある魂》 と併用してくる黒白トークンや、対処が難しいオーラ戦術と絡めてくる呪禁オーラは一筋縄ではいかない強敵です。

発掘
青白赤コントロール
白黒トークン

■親和対策のサイドボード

《石のような静寂》
《仕組まれた爆薬》
《古えの遺恨》
《イゼットの静電術師》
《衰滅》

■主な派生デッキ

親和は低コストのアーティファクトシナジーに特化している特性上、固定スロットが多く、派生デッキをほとんど持ちません。しかし、例外もいくつか存在します。
《搭載歩行機械》 《電結の働き手》 を採用して+1/+1カウンターシナジーにに特化した形や、 《アーティファクトの魂込め》 《爆片破》 を採用してさらなる速度に特化した形などが環境に存在しています。
また、アーティファクト破壊に引っかからない 《タルモゴイフ》 を採用したタルモ親和は最もメジャーな親和な亜種の一つです。

■主な俗称・類似デッキ

ハサミ親和/タルモ親和/電結親和
ハサミバーン/ハサミタルモ親和バーン
ロボッツ(Robots)

サンプルデッキ


Page Top