アブザンカンパニーとは?(モダンの白黒緑ビートダウン)

Mana white Mana black Mana green
アブザンとは、タルキールブロックに存在する白黒緑の氏族を指しており、
カンパニーとは、タルキール龍紀伝の緑のインスタントである 《集合した中隊》 を指しています。
アブザンカンパニーは、アブザン氏族の色を持った、一般的にコンボ要素を内蔵する、ビートダウンデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
  1. マナクリーチャーとクリーチャーサーチ呪文を利用して、持続的にクリーチャーを展開する。
  2. 隙を見て3枚無限コンボを成立させ、一気に主導権をもぎ取る。
  3. 便利な能力を持ったクリーチャーを利用して、適宜盤面をコントロールする。

デッキのメリットは、カードアドバンテージを稼ぐクリーチャーや 《集合した中隊》 のおかげで消耗戦にとても強いことと、
柔軟性のあるカードを多く含むため、相手に合わせて、ビートダウンデッキとしての姿、コントロールデッキとしての姿、コンボデッキとしての姿を使い分けるのが容易なことです。
デッキのデメリットは、キルターンがやや遅く、メインボードの妨害手段が乏しいため、コンボデッキ相手に分が悪いことです。

■主に使用されるカード

1.マナクリーチャーとクリーチャーサーチ呪文を利用して、低コストクリーチャーをガンガン召喚する。

Birds of Paradise / 極楽鳥 Collected Company / 集合した中隊 Chord of Calling / 召喚の調べ

2.隙を見て3枚無限コンボを成立させ、一気に勝利に近づく。

Viscera Seer / 臓物の予見者 Anafenza, Kin-Tree Spirit / 族樹の精霊、アナフェンザ Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋
Melira, Sylvok Outcast / シルヴォクののけ者、メリーラ Spike Feeder / スパイクの飼育係 Archangel of Thune / テューンの大天使

3.ユーティリティークリーチャーを利用して、適宜状況をコントロールする。

Scavenging Ooze / 漁る軟泥 Orzhov Pontiff / オルゾフの司教 Eternal Witness / 永遠の証人

■有利なデッキ

アブザンカンパニーは、盤面を重視しているフェアデッキ相手に有利です。
白黒緑ジャンクやジャンドのようなコントロール寄りのデッキ相手はもちろん、ZOOや緑白ビートダウンのような速度を重視したビートダウンデッキ相手も優位に立って戦えます。
また、サーチ呪文を搭載しているためヘイトベアーを有効に運用しやすく、サイドボード戦に強いため、特に親和やバーンのようなサイド後が苦手なデッキに有利をとりやすいです。

ジャンド
緑白ビートダウン
バーン

■不利なデッキ

アブザンカンパニーは、盤面を無視して勝負を決めにくるデッキが苦手です。
コンボ対策は、主にサイドボードの手札破壊呪文とヘイトベアーで行うため、赤緑ウルザトロンや風景の変容のようなそれらの効果が薄いデッキが特に苦手です。
また、構成上序盤にもたつくことが少なくなく、除去能力も低いため、似たようなコンセプトで一回り速いエルフカンパニーや、横に並べることで真価を発揮してくるマーフォークには分が悪いです。

赤緑ウルザトロン
風景の変容
マーフォーク

■アブザンカンパニー対策のサイドボード

《イゼットの静電術師》
《大祖始の遺産》
《払拭》
《漁る軟泥》
《墓掘りの檻》

■主な派生デッキ

一般的にアブザンカンパニーは、頑強コンボを中心として、3マナ以下のユーティリティークリーチャーをメインに構築されますが、 《包囲サイ》 などの高打点クリーチャーを投入して、よりビートダウン性能を高めた形も存在します。
同じ 《集合した中隊》 を使う緑白のデッキでも、ヘイトベアーに特化した白緑ヘイトベアー型や、ビートダウンにより特化した緑白ビートダウン・ZOO型が環境に存在しています。
また、 《集合した中隊》 を抜いてサーチを 《召喚の調べ》 一本に絞った召喚の調べコンボも環境に存在しています。

●緑白ビートダウン
守備的なクリーチャーを採用することで柔軟性を手に入れているアブザンカンパニーとは違い、攻撃的なクリーチャーを採用することで相手を封殺しやすくなった形です。

●召喚の調べコンボ
《集合した中隊》 をデッキから外し、四マナ以上のクリーチャーと呪文を増量して全体的なデッキパワーを高くした形です。

 

■主な俗称・類似デッキ

アブザン中隊
ドランカンパニー

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top