グリセルシュートとは?(モダンの赤黒+αコンボ)

Mana black Mana red
グリセルとは、アヴァシンの帰還の黒の伝説のクリーチャーである 《グリセルブランド》 を指しており、グリセルシュートは、通常赤黒を中心に多色で構築される、コンボデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
  1. 各種呪文でワンショットキルの下拵えをする。
  2. 踏み倒し呪文を利用して『グリセルブランド』を戦場に送り出す。
  3. 『グリセルブランド』の能力で大量ドローを行い、ダメ押しのフィニッシャーも追加で踏み倒して勝利する。

デッキのメリットは、踏み倒しカード1枚さえ解決できればゲームの主導権を握れるため、実質的に一枚コンボであり、安定性に優れることです。
デッキのデメリットは、 《御霊の復讐》 ルートを辿れない場合はスピードに欠けることです。

■主に使用されるカード

1.各種呪文でワンショットキルの下拵えをする。

Faithless Looting / 信仰無き物あさり Tormenting Voice / 苦しめる声 Simian Spirit Guide / 猿人の指導霊
Thoughtseize / 思考囲い Collective Brutality / 集団的蛮行 Fatal Push / 致命的な一押し

2.踏み倒し呪文を利用して『グリセルブランド』を戦場に送り出す。

Goryo's Vengeance / 御霊の復讐 Through the Breach / 裂け目の突破 Nahiri, the Harbinger / 先駆ける者、ナヒリ

3.『グリセルブランド』の能力で大量ドローを行い、ダメ押しのフィニッシャーも追加で踏み倒して勝利する。

Griselbrand / グリセルブランド Emrakul, the Aeons Torn / 引き裂かれし永劫、エムラクール Borborygmos Enraged / 怒れる腹音鳴らし

■有利なデッキ

グリセルシュートは、シンプルなワンショット型のコンボデッキであるため、有効な対抗手段を持たないデッキに有利です。
一度でも 《グリセルブランド》 を着地させられれば、後続の心配はなくなるため、手札破壊と単体除去といった妨害手段はやや効果が薄く、それらをメインに据えている黒緑系のデッキ相手は有利です。
単純な速度勝負に強いデッキであるため、エルフや風景の変容のような速度で勝っているデッキを相手にするのを苦にしません。

ジャンド
エルフ
風景の変容

■不利なデッキ

グリセルシュートは、プレッシャーをかけながらピンポイントで踏み倒し戦術を妨害してくる相手が苦手です。
親和と感染相手は純粋な速度では勝負できていますが、サイド後の妨害を絡めたビートダウンの対処が困難であるため、苦手です。
また、メインボードから妨害ビートダウンを行うマーフォークは最悪の相手の一つです。

マーフォーク
感染
親和

■グリセルシュート対策のサイドボード

《払拭》
《大祖始の遺産》
《ヴェンディリオン三人衆》
《罠の橋》
《外科的摘出》

■主な俗称・類似デッキ

滋養シュート
《御霊の復讐》 デッキ
Tin Fists
Grishoalbrand
ナヒリグリセルシュート/ナヒリシュート

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top