青白石鍛冶とは?(レガシーの青白+αコントロール)

Mana white Mana blue Mana black Mana red
石鍛冶とは、ワールドウェイクの白のクリーチャーである 《石鍛冶の神秘家》 を指しており、
青白石鍛冶は、通常青白2色か、赤または黒を加えた3色で組まれる、ビートダウンの要素を持った、コントロールデッキです。

このデッキの主要素となるのは以下の3点です。
  1. 最序盤から積極的に対戦相手を妨害する。
  2. アドバンテージを稼げる高パフォーマンスクリーチャーを召喚する。
  3. 強力なパーマネントでアドバンテージを稼ぎ、ゲームをコントロールする。

デッキのメリットは、アクティブに動けるコントロールデッキであるため、戦略に幅があり、苦手デッキが少ないことです。
デッキのデメリットは、1:1交換をするカードが戦略の核を担っており、デッキに多く含まれているので、対戦相手にカードアドバンテージを稼がれると辛いことです。

■主に使用されるカード

1.最序盤から積極的に対戦相手を妨害する。

Thoughtseize / 思考囲い Swords to Plowshares / 剣を鍬に Lightning Bolt / 稲妻
Vindicate / 名誉回復 Force of Will / 意志の力 Counterspell / 対抗呪文

2.アドバンテージを稼げる高パフォーマンスクリーチャーを召喚する。

Stoneforge Mystic / 石鍛冶の神秘家 Snapcaster Mage / 瞬唱の魔道士 Lingering Souls / 未練ある魂
Baleful Strix / 悪意の大梟 Deathrite Shaman / 死儀礼のシャーマン

3.強力なパーマネントでアドバンテージを稼ぎ、ゲームをコントロールする。

Batterskull / 殴打頭蓋 Umezawa's Jitte / 梅澤の十手 Jace, the Mind Sculptor / 精神を刻む者、ジェイス

■青白石鍛冶対策のサイドボード

《森の知恵》
《コラガンの命令》
《紅蓮破》
《クローサの掌握》
《解呪》

■主な派生デッキ

青白石鍛冶は青白を軸に、黒や赤の妨害手段を加えたデッキですが、それぞれの色により傾いた形が存在します。
黒を濃くして 《死儀礼のシャーマン》 を採用したデスブレイドと呼ばれる形がその代表例です。
また、同じ青白を軸にしているデッキで、よりコントロールに特化している青白奇跡が存在しています。

●青白奇跡
青白石鍛冶がクリーチャーを採用している部分を、まるまる呪文に変えることで、ビートダウン要素を捨てて、コントロールに特化した形です。
ライブラリー操作と奇跡のシナジーや、 《相殺》 《師範の占い独楽》 のハーフロックなどを内蔵しており、青白石鍛冶と同じか それ以上に対応力のあるデッキです。

■主な俗称・類似デッキ

青白黒石鍛冶(エスパー石鍛冶)
青白赤石鍛冶(トリコ石鍛冶、ジェスカイ石鍛冶)
青白赤パイロブレイド
デスブレイド

サンプルデッキ

新着アーキタイプ(スタンダード)

新着アーキタイプ(モダン)

新着アーキタイプ(レガシー)


Page Top